ID非公開

2021/6/8 12:34

66回答

双極性ii型障害もちです。職業は風俗嬢(お風呂)です。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

長年の発達障害と高校生の頃からのうつと現在のうつの診断書で長年の発達障害に苦しめられてる+それに寄りうつを患ってしまった 可哀想な子として見られ(証拠として発達障害とうつの診断書がある)今年12月から障害年金もらえることになりました!ありがとうございます!皆様のおかげです!笑(泣)( ; ; )ほんとに嬉しいです。泣きそうです。やったあ!いじめっ子のおかげ!屑のおかげ!周りのおかげ!( ; ; )、!

お礼日時:6/20 15:40

その他の回答(5件)

2

下の方が仰有る通り精神は働けない方の制度です

2人がナイス!しています

3

貰えません身体は健康な働けるまだ20代なら精神の障害年金は貰えませんし身体は健康なまだ20代で働けば精神の障害年金は精神科医に断られます

3人がナイス!しています

0

国民年金をきちんと払っていたか、全額免除手続きをしたか、厚生年金を払っていた場合。 初診日の証明が可能である事。 初診日から1年6ヶ月経過している事。 通院・服薬を継続的に行っている事。 1年を通しての病状が悪く、日常生活能力が低いという事。 などの条件を満たした上で、主治医が診断書を書いてくれる場合は、障害年金の申請は可能です。 ただ、1人暮らしをしている場合や、お仕事を普通にされてる場合は、極めて困難だと思った方が良いです。

0

初診日に国民年金に加入中であって、初診日における保険料の納付状況が以下の①または②を満たしていなければなりません。 ① 保険料納付要件の原則は加入期間の3分の2以上納めていること 障害年金を請求しようとする傷病にかかる初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までの被保険者期間についての、保険料納付期間と免除期間を合算した期間が加入期間の3分の2以上あること。 ② ①を満たさない場合は、直近1年間に滞納期間がないこと 初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までの1年間に、保険料納付済期間と保険料免除期間以外の期間がないこと。ただし、初診日において65歳以上でないこと。2026年4月1日前(3月31日まで)に初診日があること。 以上の条件を満たし初診日から1年半後に障害年金を請求(申請)したけれど、「障害等級に該当しない」との不支給通知を受ける場合があります。