キリスト教の聖書は、そのまま解釈してはいけない?

宗教12閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

0

「その目が罪を犯すなら目を抉り出してしまえ」というような言葉がありますが、それはあくまで「自分の罪はバッサリ断ち切ってしまえ」という例え話で、本当にやってしまう人は聖書の言葉をそのままにしか受け取れない原理主義者かもしれません。 時には言葉通り受け取ってはいけませんし、言葉通り受け取ることが必要なところもあります。 ある程度柔軟な視野が必要かもしれませんね。

1

キリスト教会の様に、妄想と思い込みで出鱈目な解釈を するとキリスト教徒の様に歪んだ性格に成りかねないと 思います。 ルカ福音書の17/20の様にファリサイ派の人達の中に 「神の国」があるとイエス様が仰っている様に書かれて いれば、イエス様はファリサイ派の人達にある程度の敬意の 気持ちがあったと読むべきなのに、キリスト教会の様に ファリサイ派を示す文章をカットし、「神の国」のある所が 明にし、一方でファリサイ派をどうしようもない石頭の連中に していれば、信者はしっかりファリサイ派の石頭の認識が 刷り込まれてしまいます。

1人がナイス!しています

0

文脈によります。 教えは教えとして、例え話は例え話として、幻は幻として…。 誇張表現、逆説的教え、詩的表現…、いろいろ入ってますからね。 前後関係の流れ、文脈で判断しながら読み、また解釈するといいと思います。