ID非公開

2021/6/9 14:53

55回答

馬ってどうしてあんなに足が細いんですか?

動物37閲覧

ベストアンサー

0
画像

因みに 前膝の下の骨(第三中手骨)は、垂直重量の負荷テスト 10tで折れたそうです。 馬(サラブレッド)の体重は約500kg、北陸道のばんえい競馬の馬で大型のが約1000kg

その他の回答(4件)

0

「草原を速く走るため」です。 ではなんのために速く走るかといえば、主として 「天敵から走って逃げるため」と理解していいと思います。 ちなみにゾウは、天敵から身を守るに際し、「走って逃げる」ということをあまり中心的な手段としていません。スイギュウやオーロックス(ウシの原種)などもそうです。 ライオンの脚が「太い」という気はあまりしませんけれどもね。まあ、やなせたかしの描くライオンは妙に脚が太いですが・・・。 ともあれライオンやトラやヒョウといったネコ科の肉食獣は、跳躍力および短距離のスピードに特化しているので、まあそこそこ太い脚をしているわけです。 >骨折すると野生のものはほぼ助からないと聞きました。 この点については、「脚を骨折しても助かる野生動物」の例の方をあげていただきたいと思います。まあ肉食獣に関しては、獲物をとれないことによる飢餓状態のまま、ひたすら骨折の自然治癒を待つことで、けっきょく助かるという可能性が、草食獣よりはいくぶん高いかも知れませんけれども、いずれにせよかなり難しいことのはずですよ。

0

それは、あなたが品種改良された競走馬しか見てないからに過ぎないです。 農耕馬なんて(これでも品種改良されていますが)、図太い脚してるじゃあないですか。 また、あなたは「進化の過程」で何故にそうなった?と質問の体でおっしゃってますが、キリンやインパラのような脚の細長い形質を持つ多くの種を無視して、ゾウのよいな形質だけカウントしてるからでしょ? だいたい「足が細い」ったって、人間は馬に蹴られたらサラブレッドでも死ぬことあるくらい強靭ですし。 >骨折すると野生のものはほぼ助からないと聞きました 人間だって文明社会に暮らさず、自然の利用だけで生きているならば、もし四肢など重要部位を骨折したら(仲閒が助けてくれなければ)死に直結するじゃないですか。

0

足が太いと速く走れないから、野生の世界では生き残ることはできません。足が速い馬が生き残っていって子孫を増やしていったのです。 さらに競走馬(サラブレット)は、直線と大きなカーブしか走らない単純な運動に特化した結果、野生の馬よりさらに細い足になっていきました。

0

サラブレッドではなく、北海道にいる様な原種に近い馬を見てみてください。本当は足は太いんです。