タクシーを降りる際、お札を渡して「お釣りは結構です」という親戚がいますが、 これは海外でいうチップ代わりみたいなものですか??

バス、タクシー | 海外生活57閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

その他の回答(5件)

0

日本には昔から心づけという風習があるのですよ。 現金以外にもお菓子をくれたり果物をくれたり飲み物をくれたり。 運送業をしていたときにはタバコをくれる人もいました。

0

チップ「代わり」という表現の意図が分かりません。正規の料金に加えて個別にお礼の気持ちなどを臨時収入的に与えるという意味に於いてそれは紛れもなく「チップ」です。 「日本のお釣りはいらないよ。は心付けのチップになります」 意味不明。慣習として根付いているので多くの人が自然に行っているというような背景はあるかもしれませんが、それはただの見た目の違い。チップの意味や内容自体は海外だって日本だって同じです。 私自身もかつては料金の10%〜15%相当に当たる釣り銭をもらわずに降りるということはよくしていました。ただ最近ではクレジットカードや交通系ICなどキャッシュレスでの支払いが基本になっているので「お釣りはいいですよ」というやりとりもなくなりましたけど。

0

海外のチップとは多少違いかと。 国によってですが、チップ制がルールになってところもあります。 ですから日本のお釣りはいらないよ。は心付けのチップになります。

2

そう思っていいです。 ただいろいろ地域やご身分で事情はあるようです。 例えば、ボクが以前住んでた長崎市ではタクシーの台数が多いので、客待ち駐車してるタクシーに近距離で乗る場合は運転士が機嫌を損ねるのでほぼ千円札を出してお釣りをもらわないことが多いそう。 また、東京ではタクシーの運転士がタクシーに乗った時はお釣りを断るのが暗黙のルールだと本で読んだことがあります。

2人がナイス!しています