回答受付が終了しました

夏目漱石の心の先生が親戚でもない赤の他人の家に居候していたようなのって昔は普通だったんですか?

回答(4件)

1

書生さんなら又知人の紹介とか 信頼関係の構築出来ている方 の知人とか 困った時はお互い様 の精神がありました きっちりとした社会環境が ある一定収入がある人には備わっていた 但し 一攫千金の成金は例外 拝金主義では無かった為 それなりに 必要があり 又世話する人の人徳も尊敬された 社会であった為

1人がナイス!しています

0

アパートのようなものが多くなかったこともあって、個人が空いている部屋に誰か他人を住まわせるのは普通でした。 宿代を取ることもありますし、肉体労働を負担することで相殺してることもありました。 とにかく、現在と違って「他人と一緒に生活する」ということの抵抗感がかなり薄かったのです。 お風呂もない家が多かったから女性でも庭で行水するのが普通でした。もちろん道路から丸見えです。それが普通だったのです。

0

普通です。現代のように個人向け賃貸物件が腐るほどあった訳でもないですから。

0

昔話で1晩泊めてや、嫁になるから家に居させてとかあるくらいですから