障害者で障害者年金を受けっ取っている者は 60歳を越え、厚生年金を25年以上掛けていたら、障害者年金と厚生年金は

年金46閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

有難うございました。参考になります。

お礼日時:6/21 19:50

その他の回答(4件)

0

① 65歳歳未満の間は下記のいずれか1つを選択します。 「障害基礎年金+障害厚生年金」 「遺族厚生年金」 「特別支給の老齢厚生年金」 ② 65歳以後は下記の併給パターンのうちいずれか1つを選択します。 「障害基礎年金+障害厚生年金」 「障害基礎年金+老齢厚生年金+遺族厚生年金(差額分)」 「障害基礎年金+老齢厚生年金」(老齢厚生年金>遺族厚生年金の場合) 「老齢基礎年金+老齢厚生年金」(老齢厚生年金>遺族厚生年金の場合) 「老齢基礎年金+老齢厚生年金+遺族厚生年金(差額分) (注) (差額分)とは、遺族厚生年金から老齢厚生年金相当額を差し引いた額です。

1

65歳以降は 障害基礎年金+報酬比例分の老齢厚生年金 か 老齢基礎年金+報酬比例分の老齢厚生年金 か 障害基礎年金+報酬比例分の障害厚生年金 の組み合わせから選ぶことになりますね。 報酬比例分の老齢厚生年金に加入期間要件はないです。 1か月でも加入していれば受給資格があります。 老齢基礎年金も現在は10年以上になっています。

1人がナイス!しています