日本刀は何故目釘竹一本で柄に留められ得るのか・・・ との研究があります。 目釘には衝撃が伝わらない構造になってるから、

補足

ご回答ありがとうございます。 この質問の趣旨は、 日本刀は目釘に衝撃が来ないつくりになっている、 との現代の学者の説と、 実戦での日本刀の損傷個所は刀身より柄の方が多かった、 とする帝国陸軍の記録の どちらが信ぴょう性が高いか? です。

工学 | 格闘技、武術全般333閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

言うまでもなく、実践に使用した経験がある陸軍の説は、データですから、信憑性は最大値です。学者の説は、証拠がないので、信憑性はゼロです。せめて、戦国時代の戦争直後の刀の修理をしていた刀鍛冶の、請求書などの料金明細が残っていれば、まだしも。

その他の回答(6件)

0

柄折れは ナカゴの短い末古刀の刀身を使った場合に多く発生。 目釘の問題は その位置に衝撃が来るけど 旨く吸収して手元への響きを軽減するために 弾力性のある竹を使用するけど 徐々に へたったり 折れる事もあり 予備の目釘が必要。 それを金属目釘にすると 折れないけど 柄木の穴にガタが来たり ナカゴの目釘穴が広がったりする。 昭和18年制定の(三式軍刀)軍刀外装では 二本目釘で 刀身は柄頭近く迄伸びた 長いナカゴのものを推奨。

私の脇差、目釘穴が変形しています。 ヤフオクでもたまに見かけます。 ナカゴは、 炭素量5%前後の皮鉄の 焼きが入ってない部分ですから、 竹目釘でも摩耗する ことは考えられるんじゃないでしょうか。 柄頭は金属で保護されてますから、 ナカゴ尻付近にもう一つ目釘を入れることは合理的と思います。 古墳から出土した刀のナカゴ尻付近に金属の目釘が残ってます。 ナカゴには大きな負荷がかかる・・・ ってことじゃないでしょうか。

画像
0

学者センセより実戦の軍隊が勝つでしょう。 軍刀は真鍮や鋼の ねぢ になっており、折れる 心配は無用。 ねぢ は渡来した火縄銃の尾栓で初めて知るが その後も刀など他で使うことは無かった。 押す力は目釘で受けないが、引く力の全てを 担わねばならず、5ミリ位の竹では弱いのは 明らか。 修理は容易いが、戦闘中に折れると命取り。 刀はそれほど使われなかった証かも。

私の脇差の目釘穴は変形しています。 ヤフオクでもたまに見かけます。 ナカゴは皮鉄の焼きが入ってない部分ですから、 考えてみれば当たり前のことかもしれません。 この質問のご回答は概ね目釘にかかる負荷は無視できない、 とみているようです。 古墳から出土した刀の柄には、 ナカゴ尻に近い部分に金属の目釘が残っていました。 目釘に負荷はかからない・・・との現代学者の説は 現実を知る人には説得力が弱いと思います。 それに刀をサンドバックのように吊り下げて実験しています。

画像
0

実際のところ幕末以前では刀は殆どが飾りであったわけですから、目釘とかはあまり問題にはならなかったでしょう。実際のところ自慢のために茎を見せるためには柄が抜けやすいことがポイントでしょう。 実際に人殺しで使う場合は十分な」点検が「行われていたと勧化あるのが妥当です。 一報太平洋戦争当時は実戦使用がありましたから満洲刀のメンテをやった人も結構忙しかったようです。官軍軍人はメンテが面倒でステンレス刀をぶら下げていたようです。

自慢のために茎を見せる・・・ このことの意味を教えてください。 ヤフオクでも 刀身の写真よりナカゴの写真が多いものがあったり、 知恵袋でも ナカゴの写真を見せて、 この刀いくら?なんて聞くひとがいます。 意味がわかりません。

0

現代の言葉で言えば江戸時代までの刀剣は一点物で、軍用の刀は大量生産品です。 刀の形状に合わせて鞘師が1本1本丁寧に手作りしたものと、同じ規格で大量生産したものでは制度に差が出るために鞘に遊びが出て、目釘に負荷が大きくかかる事は想像に難くありません。 加えて鞘師や刀匠の技量の差が品質の差になるのです。 更に、使い手の技量も関係します。 日本刀は刃筋を立てて物打ちで引き切るように使うのが基本です。 太平洋戦争では、剣術や居合を知らず剣道用の試合の間合いのつもりで刀を振り、空振りして自分のつま先を切ってしまう軍人が少なくなかった事が記録に残っています。 竹刀剣道しか知らなければ、刃筋の立て方は甘くなり、引き切るというより打ち込む使い方になります。 本来の日本刀の使い方ではない使い方になります。 日本刀本来の使い方に特化して耐久力を考えた拵えですから、それ以外の使い方をされれば想定していない力がかかります。 そういう事も考慮に入れて研究を進める事も必要かと思います。

補足に >日本刀は目釘に衝撃が来ないつくりになっている という論は日本刀であればどんな刀であっても無条件に目釘に衝撃が来ないつくりだという事ではないと思います 刀匠が重心や玉鋼の処理をきちんとやった上で鞘師が刀に合わせて微調整をして鞘を作った上で目釘で止める事が最低条件だと思います 更に言えばそういう拵えの刀を使い、正しい刀の扱いをすれば目釘に衝撃が来ないという事なのだと思います。 大量生産の刀を剣術の技量がない者が使えば想定外の力が想定外の方向にかかり破損する事はあり得ると思います。 つまり、学者の説も正しく、軍の記録も正しいが、想定する刀や鞘の精度が低く、刀を使う軍人の力量が不足していたため想定外の破損が起きたと思われるという事です。

0

伝統的な日本刀と軍刀を比べるものじゃなありませんよね 戦時中の軍刀は刀鍛冶が作ってた訳じゃないですし、切ると言うよりは刺すことが主だったと聞いたことがあります 刺す行為と切る行為では目釘に掛かる力も違いますね