首都高とかで白線実線の区間は進路変更禁止ですか??

補足

ありがとうございます。となると、白線破線との違いは何なのでしょうか?(ひとまず、首都高などの場合という前提でよいです)

交通、運転マナー | 車、高速道路49閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

極力車線変更しないでねって意味です 点線と黄色実線の中間意味です 私のYouTubeに解説してあります 頑張ってみつけて

その他の回答(4件)

0

中央線の白実線は「対向車線にはみ出しての通行禁止」の意味ですが、車両通行帯(同一方向に進行する車線)を区分する白破線と白実線に道路交通法上での意味合いに違いはありません。どちらも進路変更可能です。 白実線は、車両通行帯を強調させるために引かれています。 トンネル内やカーブが連続するところなど、進路変更に注意を要するところに引かれているので、なるべくなら進路変更しない方が良いです。 また、横断歩道手前に引かれている白実線は「横断歩道手前30mは進路変更禁止」の30mという距離を分かりやすくするために引かれています。 横断歩道手前に白実線が引かれている意味と、中央線(センターライン)の白実線(はみ出しての通行禁止)とも混同して、「白実線は進路変更禁止、追い越し禁止」と誤解している人も多いです。 なので、「進路変更禁止のところで割り込んできて!」と煽られることにもなりかねませんので、注意が必要です。

1

白線(実線)は車線変更は大丈夫ですよ。 点線に比べたら「車線変更しないでね(お願いレベル)」のようです。 完全にNGの時は「黄線(はみだし禁止)」を使うようです。

1人がナイス!しています

1

首都高ということは、その白の実線は「車線境界線」ですから、 車線変更は可能です。 車線境界線は「白の破線」も「白の実線」も意味は同じです。

1人がナイス!しています

0

いいえ。それは「追い越し禁止」です。 進路変更禁止は「黄色の実線」です。 首都高に限りません。