ID非公開

2021/6/12 17:45

66回答

大人になってからも、母子家庭貧乏育ちという劣等感から抜けられません。

2人が共感しています

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさま、ありがとうございました。

お礼日時:6/18 20:46

その他の回答(5件)

0

自分より惨めで最悪な家庭はあるのだから自分は大した事ない! と心の整理整頓しました

1

多かれ少なかれどんな人にもコンプレックスは、あります。それと、戦いながら生きているのです。あなたは、お金はなかったかもしれませんが、お母様から愛情をもって育てられ、今に至っているのですよね。それでいいではないですか。あなたが、望む家庭をこれから、つくっていきましょうよ。

1人がナイス!しています

0

「笑い飛ばせ」そんなもん。 「同じ土俵」じゃん「自分の好きに」 「仕事をして」「自分を認めて好きに」なりなよ。 「劣っている」なら「補えば良い」 「足らない」なら「足せば良い」 頑張ってね。

3

私は団地育ちで破産宣告もしてそれでもなんとか奨学金を借りながら大学に進学し就職して現在に至ります。 気持ちはすごく分かります。もっと学生のころに挑戦とかしたかったです。私はめちゃくちゃ安定志向になってしまいつまらない人間になってしまいました。 私は貧乏でしたが不幸ではなかったなぁと思います。その分ハングリー精神的なものがあったし物を大切にできるようになりました。子供には夢を諦める子にはなってほしくないですが、貯金があっても、うちは貧乏ということにしようと思っております。 貧乏は生きる糧です!子供時代に貧しい家庭で育ったことを不幸じゃなかったと肯定できるくらい誰もが羨む幸せな家庭を築きましょう!

3人がナイス!しています