男です。 ジェンダーについて、意味がよく分かりません。 決して悪い意味での質問ではありません。勉強したくて質問します。

ベストアンサー

0

壮絶な体験をされたんですね。マジえげつない。。。 この体験で得たことが、何らかの形でプラスとなることをお祈りします。 わたしも「心の性」は「異性への強すぎる憧れ」なんじゃないかと思っていて、もっと言えば「ただの願望」なんじゃないかくらい思っています。 生まれつき「自分は男だ」と思ってるなんてことはなく、男として生きていく過程で「自分は男だ」という認識が芽生えるんだと思います。心の性は身体の性の後に形成されるものだと思います。 男として生きていく中で、みんな多かれ少なかれ「これはいやだ」とか「ああなりたい」とかいう願望があって、LGBTQ+の人達はその願望が異常に強すぎるだけなのではないか、と思うんです。 「心の性」ではなく「ただの願望」なのではないかと。 まあそれはそれで全然構わないんだけど、ちょっといきすぎてるように思えて仕方ないです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:6/17 8:29

その他の回答(3件)

0

大前提として、「ジェンダー」には複数の定義があり、使われる場や状況で意図する内容が違います。 その上で、性同一性においては「不一致」が人それぞれであるのと同じで、自認も個々に異なります。 明確な自認がある場合、不明瞭な場合などがあり、身体と不一致になっていると認識しやすいので表面化することが多くなります。

0

自身の持った性別のまま同性を好きになるのと 自信の持った性別を受け入れられないまま同性を好きになるのは似てるようで違いますし、 あなたのように自身の性別に疑問を抱かずに「私の心は私」と思うように心の性が逆でも「私は私」と言える人もいます。 説明は難しいですが要するに自分の性に疑問を抱いていない時点でジェンダーではないので100分かるのは無理だと思います。私はそういう人もいるんだなと理解しています。他者の心の有り様はジェンダーであってもなくても完璧に理解するのは難しいですから。 ようするになってみないと分からないことです。 でもその疑問の視点は私の視点が広がりました。

自分の性に抱く疑問とは何なのでしょうか。 男に生まれたら男性です。決定事項です。疑問の余地などないです。 疑問とは、自分の性に課せられた社会的期待に対する疑問だと思います。 で、そんな疑問は誰しもが多かれ少なかれ持っています。 つまり性を受け入れられないのではなく、期待を受け入れられないのではないでしょうか。 で、期待を受け入れなくてもよくなる裏技的ウルトラCが、別姓の自認なのではないでしょうか。

0

あなたが女性のこころを持ったらジェンダー、というらしいです。 私も似たようなものです。 大丈夫。あなただけでは無いのです。