私は神様に、生を授けられてきて、

補足

すいません。 あるいは自己阻害が作り出したものである(フォイエルバッハ は あるいは、人間の自己疎外が作り出したものである(フォイエルバッハ です。

宗教 | 哲学、倫理71閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

その他の回答(10件)

0

私見です。 死後の世界の有無や、それを差配するような神様という存在がいるかどうか、 世界が始まりにその存在がどうかかわったか、終わりにどうなる、とその神が決めている内容についてとか、そういう事は、 分かりません。だれにも分かりません。証明できない。 いないかも知れないものに言葉を預けられた、と云われた人がたくさんいると聞きますが、ほんとはどうだかだれにも分かりません。 そんな世界、宇宙、次元を作れるような神がいて、その微小というにも小さすぎる私の話に個別に話をきいてくれたり、叶えたりするものなのか、 にわかに信じられない気もします。 >人間はただの生物から進化してきた 仰る通りだと思います。生物の存在自体が奇跡だとは思いますが、人間が他の生物と別格であるとは思えませんし、その他の生命を貶めて人間が特別とも思われません。 人生の意味は、ない所から、自分で見つけて意味付けしていくもので、 意味のある存在になれれば、心は即日その場でパラダイスになるのだと思います。 私は、その神に、全員前に向かってみんなで祈るより、 90度づつ両横を向いてお互いに頭を下げるほうがよいと思っています。 それが人間の価値だと思います。

0

神さまが人間から離れてしまうのではありません。 人間が神さまから離れてしまうのです。 哲学者の言葉を詳しく調べようとしないでくださいね。 聖書には虚しい哲学に惑わされてはいけないと書かれています。 ちょっとでも異質だなと思うものはカルトだと思ってくださいね。 もし神さまがいないとしたら御子イエス・キリストの死とは一体なんだったのでしょうか? もし無意味な死であったとしたのならあまりにも可哀想ですよね? 真理は虚しくありません。素晴らしい愛こそが真理です。 あなたは愛されてこの世に生を授かって生まれて来たのです。 なぜなら神さまから愛されなければ自分から神さまに感謝して祈る事はできないからです。 人と人の知恵に惑わされないように、日本の世の中に負けないように。 むしろ神さまの知恵というものを深く知るように生きて行ってくださいね。 あなたが本当の神の道を歩めますように。お祈りします。

0

大切な疑問ですね 私は研究を通して人間には生きる本当の意味があることを知って感動しました。超長いですが非常に大切なこと書きます なぜ人間は生きているのか、みな答えが分からないので、家族やお金や趣味があってもどこかに虚無感があります もしすべての物 宇宙、地球 、生物、そして人間が偶然に発生したなら、すべては偶然に存在しているのであり、存在意義はありません。本当は生きる意味などないのに、家族や社会のために生きる意味を見いだそうとしています。でも私たちすべては偶然発生した"物"なので、たとえ生きる意味を考え出したとしても、本当はそんなものはありません すべては無意味です でも、私はこれまで宇宙や生物の研究をしてきましたが、それが偶然に発生することなど100%ありえないことを知りました 理由を少し挙げます 1.宇宙の仕組み 宇宙は絶妙な物理定数の上に存在しています。4つの物理学的力(重力、電磁気力、強い核力、弱い核力) 、光の速度、ヒッグス場の値…などなど多数の値が超絶妙に「調整」されているために、宇宙が生まれ原子が生まれ星が生まれます。これらの値の1つがほんのわずかでも今と違っていたら宇宙は存在できません。これらの値がすべて偶然にそろうことは 確率的にゼロです (宇宙学者ポール・デイヴィス「幸運な宇宙」参照) 2.生物の仕組み 細胞の構造は1つの工場に例えられるほど複雑精巧です。自己複製までできるので工場より相当ハイテクです。最も賢い科学者集団でも細胞1つ作ることもできません。さらに細胞はDNAがなければできませんが、DNAも超ハイテクで、1gで1兆GBの情報を記録できます(マイクロソフト社研究)人類の叡智を結集させた最先端microSDでも、その1000万分の一しか記録できません。超ハイテクなDNAが偶然にできることはありえません (リーハイ大学教授のマイケル・ベーエの「ダーウィンのブラックボックス」参照) 緻密な宇宙が偶然に整い、超ハイテクなDNAや細胞や美しい生き物たちすべてが偶然に発生し、さらに、愛や正義や神について考える超複雑な脳を持つ人間が偶然にできる可能性は… 科学を詳しく知らなくても 正常な思考で考えたら 100%ゼロです 以上はほんの2例ですが、宇宙も生物も偶然に偶然が重なって発生したとは言えない理由です。多くの最先端の科学者が進化論を否定している理由でもあります では宇宙や生物が偶然に発生したのでないならば、どのように発生したのか インテリジェントデザイン論(ID論)つまり人間の思考能力をはるかに凌ぐ存在(宗教的には神)によって創造されたという論が一流の学者たちによって世界中で真面目に考慮されています(京都大学名誉教授の渡辺久義氏など) 生物の仕組みを調べると本当にハイテクな作りをしています (「すごい自然のショールーム」参照) では、仮に本当にそのような存在が生物や人間を作ったのであれば、その証拠が自然界以外にもないか。ということで調べるのが宗教です。各宗教には特徴があり、その中でID論 つまり一人の創造者について論じているのは主にユダヤ教 キリスト教 イスラム教で、これらに共通して尊重されているのは聖書です。そこで宗教とばかにせず、客観的に聖書を研究しました 研究で分かった主な点は 聖書には多くの予言が書かれていて、歴史を調べるとそれらの予言が本当に実現してきた ということです 日本人は知らない方が多いですが、聖書には多くの予言が書かれています。例えばダニエル書にある予言には世界の国々の将来が予告されています。ギリシャ帝国、ローマ帝国、それ以後の世界の列強の動きが予言されています(「聖書ー神の言葉、それとも人間の言葉?」参照。https://wol.jw.org/ja にある「書籍」の項の「神の言葉」から読める) 歴史と考古学を調べて分かったのは、ダニエル書に限らず聖書中の幾十もの予言が100%実現してきたということです もし一つの予言でも実現しなかったならイカサマですが、信じ難いことに聖書の予言は全部当たってきたことが歴史によって証明されています。しかも、聖書の予言は創造者によって人間に与えられたと聖書に書かれています それで聖書予言の完璧な成就は、創造者が存在している証拠、また聖書が創造者からのメッセージである証拠となっていることがわかりました それでは、聖書には創造者が人間を作った理由、つまり人間の生きる意味が書かれていないか調べてみると、ちゃんと書かれていました その答えは簡単に言うと 人間は、他の人間と創造者の愛を永遠に楽しむために造られた ということです どういう事かというと、聖書によると、創造者は愛と正義の神で、人間を造った時、動物のような本能ではなく、生きる意味を考える能力、良心、正義を求め愛を楽しむ能力を付与しました。 子供をもうけ、家族を愛し、他の人を愛し、愛されることを楽しめるように造られました それだけでなく、人間は神との関係を育みたいと想う心を与えられました。どの国の人も神を求める気持ちがあるのはそのためです 神は宇宙、地球、感動的な自然や動植物、そして人間を精巧に造り、人間には生きる喜びを味わえるように五感を与え、人間が地球での命を楽しめるようにして、人間が神の愛を感じられるようにしているとのことです。聖書には「神は人間に雨や実りの季節を与え、人間の心を喜びで満たして、ご自分(の存在)を明らかにしてきた」とあります 聖書によると、創造者は人間の親として私たちを愛しています。とても重要な点ですが、神は人間に善悪の規範を与え、それに従う時に健康と若さを保ちながら永遠に生きられるようにしました。永遠に他の人との愛や友情を深めていけるように、良心に沿って生きて幸せになり、自然や動植物を見て研究して、毎日驚き、感動し、また芸術や音楽やスポーツなどを究めて楽しめるように、さらに神との絆を永遠に深めていく、これらの目的で造られたとのことです 聖書の伝道3:11には『神は全ての物を美しく造った。神が造ったそれらのものを人間が知り尽くして飽きたと言えないように。永遠の時を人間に与えた』と示されています(神経学者によると人間は一生の間に脳の潜在記憶容量の1万分の1しか使っていない。何歳になっても死を避けたいと願い、永遠を願う心。これらは永遠に生きるよう造られた名残) ところが 過去に人間が創造者の定めた善悪の規範を捨てた(創造者の支配から独立した)ため、永遠に生きる権利を失ってしまいました 創造者の支配を捨てた結果、本当の善悪の規準を失い、良心を正しく働かすことができなくなりました。人々の正義はバラバラになり、本当の倫理が分からなくなり、世界は混乱しています。不公平で過酷な社会になり、私達はとにかく生きて、病気になり死んでいきます。真の愛と正義を見失った世界で社会も家庭も混沌として多くの人が苦しんでいます でも 聖書予言によると今は「終わりの時代」です。この時代には国家間紛争、地震、飢餓、そして感染症が世界的影響を与えると予言されていました(ルカ21:10,11)人間はますます自分を愛し、金を愛し、人に感謝せず、乱暴になるとも予言されています(テモテ3:1-5) 続く予言によると、間もなく神は混乱したこの世界を終わらせ、地球に愛と正義と平和を回復させます。重要な事ですが、そのために今創造者は全人類に教育を施しており、創造者の言われること(聖書)を学んで人を愛し、正義を求めている人間に、創造者は地上での永遠の命を楽しむ権利を再び与えてくれるとあります 信じられないと思いますが、神は公平なので、これまで亡くなった多くの人を地上に復活(再創造)させ、教育し、創造者に従う人に本来の永遠の命を与えると予告しています 研究から、創造者にはヤハウェもしくはエホバという名前があることが分かりました(日本人にもなじみ深い言葉「ハレルヤ」はヤハウェを称える言葉)最近ニュースになった死海文書にもその名が書いてありましたね 信じがたいでしょうか、客観的に科学と聖書を調べた結果分かったのは、本当に創造者がいて、私達を見ていて、とても愛してくれていること、私達に完全な健康と若さを取り戻させ、美しい地球で永遠に生きて、他の人間と愛し愛される生活を楽しませること、そして世界の場所や動物や植物、果てしない宇宙について学び、永遠に感動し、学問や芸術や音楽やスポーツなどを究めて楽しませること、そして神という存在について学び、神との絆を深めてゆくこと、これが神が私達に与えた生きる目的です この動画が簡単に説明しています https://www.jw.org/ja/%E5%87%BA%E7%89%88%E7%89%A9/%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA/#ja/mediaitems/AllVideos/docid-502017855_1_VIDEO 科学と聖書 https://www.jw.org/ja/%E8%81%96%E6%9B%B8%E3%81%AE%E6%95%99%E3%81%88/%E7%A7%91%E5%AD%A6/ 食べて寝て働いて遊んで死ぬ…それが生きる目的ではありません。私を含め多くの人が本当のことを知り感動しています ぜひあなたも聖書を調べてみてください 必ず大きな感動を得られるはずです p(^-^)q

0

エル・カンターレによると、 死後の世界は存在し、 心境に応じた世界に還るそうです。

0

それは素敵なことですね。 「祈るために神様によって生を授けられたと思うようになりました」 そして、こうでしょうか? 「その日にあなた方は,わたしが父と結びついており,あなた方がわたしと結びついており,わたしがあなた方と結びついていることを知るでしょう。21 わたしのおきてを持ってそれを守り行なう人,その人はわたしを愛する人です。さらに,わたしを愛する人はわたしの父に愛されます。そしてわたしはその人を愛して,自分をはっきり示します」 ところで、このおきてとは、なんだと思いますか?