ID非公開

2021/6/13 11:20

33回答

24歳です。

生命保険45閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/6/13 14:40

このような表記なのですが、要するに私が60歳までに死亡した場合には相続人である親に100%支給するという意味で、私が死亡していなければ契約者である私が受取人という解釈でよろしいでしょうか?

画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんありがとうございました。初めにコメントされた方にします。

お礼日時:6/17 19:05

その他の回答(2件)

0

契約者というより保険料負担者というのが正確。 保険料負担者=契約者が被保険者の場合の死亡保険金は、受取人は通常契約者以外となる。 しかし、満期保険金や年金は通常契約者が受けるから所得税の課税対象だが、こちらの受取人親(契約者以外)だと贈与税の課税がされてしまう。 貴方が60歳になった時に貰える年金の受取人も親だと贈与税の課税対象だけど、普通そんな契約しないから、あなたが受取人となっている(所得税の課税対象)のではないかと思う。

ID非公開

質問者2021/6/14 18:33

なるほどです。私が保険料負担者なのでよくよく考えれば私が受取人で当然ですよね。。 受取人情報に記載してある被保険者の%の欄が空白だったので惑わされてました。 ありがとうございます。

画像