材料力学の問題で、図のように、C点において集中荷重Pを受けているラメーン構造があり、材料のヤング率をEとし、材料の自重と応力集中の影響を無視できる場合、

画像

工学25閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ID非公開

2021/6/15 13:09

画像

その他の回答(1件)