今は定年が60歳の会社でも 本人が希望すれば65歳までの 雇用確保が義務付けられていますが、 会社の経営上の都合で 従業員からの65歳までの

画像
補足

質問の趣旨は 「会社の経営上の都合」です。 労働者側には非がない場合です。

労働問題 | 退職49閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

可能です。 基本的には、高齢者雇用安定法によって、事業者は再雇用が義務付けられています。 しかし、場合によっては、再雇用拒否も可能です。 大阪豊中市で、小学校教諭が、60歳で再任用拒否されました。 希望者148人中、一人だけ、教育委員会から再任用拒否されました。 理由は、卒業式の君が代起立時に、起立しなかったからです。 怒った佐藤教諭は、大阪地裁に訴訟を起こしました。 しかし、佐藤教諭の敗訴でした。 教育委員会の、勝訴でした。 https://www.asahi.com/articles/ASJDD4PP7JDDPTIL00X.html つまり、本人の勤務態度如何によっては、再雇用拒否も認められるのです。

0

というより就業意欲が削がれるほどの賃金が提示される可能性も あります、話によると半分以下になり保険等もつかなくなると 嘆いていた人もいました、バイトと同じです。

0

添付の回答は誤っていないと考えます。 高年法では、65歳までの雇用確保が義務付けられていますが、現実には、会社の経営上の都合で従業員からの65歳までの雇用希望を断る会社があるという事実を記述していると考えます。 罰則規定はなく、仮に訴訟をしても、再雇用等を命じる判決を獲得することは難しいと考えます。 弁護士事務所の解説記事です。 https://www.y-klaw.com/faq1/184.html

0

うちの場合は定年前3年の査定ポイントがある基準以上の条件もありますし、まったく経験のない部署に配置された例もあります。年寄りは要らないけど、法律があるから仕方なくが会社の本音です。

0

65歳までの雇用希望者を断ることはできません、 ただし雇用条件については全く同じである必要はなく、それで雇用希望者との合意ができないのに何が何でも雇用しなければならないわけではありません。