回答(4件)

0

どのような仕事でも与えられた仕事を適切に行い続ければ、その仕事のプロになれます。 専門性が必要な仕事は、常に勉強が必要でスキルアップが大切です。 そして、上司に仕事の内容を褒められれば、その仕事の専門性を身に付けたなったことになります。

0

専門性を身に付けるなどという事は、他人から指示されてやる事ではないのではありませんか。 自分の頭で考えて、「これからは専門性が必要だな」と判断した人が専門性を身に付ければ良いと思います。 そもそも、専門性を身に付けるという過程において、自分の頭で考えるという事が必要になるでしょう。 ですから、他人に指示されなければ行動が出来ないような「指示待ち人間」が、専門性を身に付けるのは結構難しい事ではありませんか。 結局は、指示された雑用しかできないという事になる場合が多いと思います。 つまり、適材適所ですよ。 ✷参考 大学進学等でも顕著に分れるでしょう。 専門知識を身に付ける為に真剣に学部・学科を選ぶ人と、ボ~っと考えも無しに勉強が楽な学部・学科を選ぶ人がいるでしょう。

0

あなたがどんなモノのことを「専門性」と言っておられるのか判然としないが、 大半の日本人は、それ以前に汎用的な知識や技術が足りてないでしょう。

0

わたしは雑用のプロですが、専門性を身に付けるべきだと思います。 雑用のプロとして、重宝されますが、経営陣からは不要者扱いです。