錦の御旗で歴史が変わったと言っても過言ではないですか?

歴史 | 日本史47閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ありがとうございました。 勉強になりました。

お礼日時:6/15 19:06

その他の回答(5件)

0

そうでもないような気がしますよ 承久の変の時も幕府が勝ちましたし、建武の新政の時も後醍醐は負けましたしね。 江戸末期、水戸藩出身の徳川慶喜だから錦の御旗は効き目がありましたが、所詮、慶喜は大政奉還してましたからね。 その後の戊辰戦争や西南戦争は錦の御旗に負けた訳ではないですからねぇ あまり効果はなかったと思いますが。

0

錦の御旗(錦旗〈きんき〉)は1221年承久の乱にて、後鳥羽天皇が配下の武将に与えた物が、初見とされてますが、そのデザイン等は後世に伝えられていません。 岩倉具視の指示で、玉松操がデザイン(偽造)したと言われてますが、鳥羽・伏見の戦いからの戊辰戦争では、絶大な威力を発揮しました。

0

相手によるんじゃね? 長州藩は禁門の変で御所に銃撃して朝敵になったけど、朝廷の命を受けた討伐軍(幕府軍)を打ち破って、実力で朝的認定取り消させてるし。

1

水戸黄門の葵の御紋よりは威力があったでしょうね。 昔の武士にとって「朝敵になってしまう」というのはとても不名誉なことだった。戊辰戦争の時も、集まった佐幕軍は自分たちはあくまでも天皇側に立って、逆賊である薩長を成敗するためだと思ってましたからね。だから効果抜群だったと思います。 今も使えたら政治はずっとラクでしょうね。

1人がナイス!しています