ID非公開

2021/6/15 13:12

22回答

自社の長きにわたる脱税行為、恐らく20年以上。虚偽売上、PCやサーバー等を自社で購入せず、客が購入したように見せかけて固定資産を免れるなど。へたすると数千億。見て見ないふりが続き、本件首謀者張本人は退職。

税金24閲覧

ベストアンサー

0

ID非公開

2021/6/15 14:20

その他の回答(1件)

0

う~~ん・・・「辞めるつもりがない」。それでも「告発したい」? 会社の為を思って会計を正したい、というお考えでしょうか。 そもそも、公的機関への「告発」というのは、自分の身元を明らかにした上で、正々堂々と行う訴えのことを指すんじゃないでしょうか。 身元を隠して行うのは「密告」かな。 もしちゃんとした証拠書類がないのなら、誰が訴えているのかわからないのでは信憑性を疑われても仕方がないし、同業他社の誹謗中傷の類かもしれない。それだけで即税務調査には乗り出せない、と思いませんか? 証拠書類がそろってるなら、調査のきっかけにはなる、かもしれませんが。 「告発者保護」とは言っていても、会社が徹底した犯人捜しをすればバレる可能性は高いし、国税庁はそれを止められるものでもありませんからね。 それ相応の覚悟は必要でしょう。