ID非公開

2021/6/15 13:43

99回答

土地の固定資産税のことについてお伺いします。 先日中古の土地を買い前の住人の方の古い擁壁の上に新築戸建てを建てました。

画像

土地 | 税金61閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

ID非公開

2021/6/15 13:52

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。 評価額がみれるということを知らなかったので市役所に行ってみようと思いました! たくさんの回答ありがとうございました^^

お礼日時:6/17 23:01

その他の回答(8件)

1

擁壁の支える土台部分の土地です。 高さがあるなら、土圧を支える土地ですから、その境界は普通のことです。 その部分の土地を迂闊に、隣地所有者に売ると後日後悔することになります。

1人がナイス!しています

0

全面道路の路線価に、崖地による潰れ地のことは包含されています YOUの土地のみ擁壁の場合、所要の補正で対応があります なお、擁壁の根や足場敷設の関係で裏の家側に境界としているのは普通の話しです

0

擁壁を支える土地として、使っていますし、そもそも固定資産税は使用不使用ではなく、所有に対してかかります。

崖地補正については、地積の何パーセントが傾斜になっているかが、1つ目の条件です。(自治体にもよりますが、地積の30パーセント以上など)(2つ目は角度) 気が付かれましたとおり、垂直に近づく程、平らな部分が増えるので、この条件ではねられます。