回答受付が終了しました

ID非公開

2021/6/15 15:34

1515回答

どう考えても中日の加藤匠馬とロッテの加藤翔平の電撃トレードってロッテが損をしていると思いませんか?

プロ野球770閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

4人が共感しています

回答(15件)

1

捕手が欲しくて トレードを持ち込んだのだから 「 損して得取れ 」と 言うことでしょうか。 加藤捕手の活躍を期待します!

1人がナイス!しています

1

両選手の年俸を比較すると 加藤匠馬1500万円(推定) 加藤翔平2200万円(推定) ですので加藤翔平選手のほうが高い評価をされていると考えられます ですから損と言えば損かもしれませんね しかしそれはミクロな視点のものの見方で野球界全体で考えるなら違うかも知れません。中日へ移籍した加藤翔平選手は初打席HRを放ちました。まだこれだけでは分かりませんが一応中日の戦力は向上したと考えられますね。 出場機会の少ない選手が別のチームへ移籍して活躍するなら、それは野球界のレベルが上がったということになります。 野球界のレベルがあがるということは回り回って球団の利益にもなると思います。

1人がナイス!しています

1

捕手というだけで価値が上がるので、妥当です。 例えば、横浜の嶺井や戸柱でも、おそらく外野手と交換なら、相当打つ奴と替えられます。 市場がそうなっています。

1人がナイス!しています

0

翔平さんも、やっと一軍に呼ばれたのに残念ですよね。でも、本人も前向きみたいだし、その方が良かったんじゃないかと思いますよ。 ロッテもキャッチャーがいなくて二軍のピッチング練習はどうなってるの??って感じだし、補強は急務だったのでしょう。 しょうまさんの一軍での活躍早くみたいですね。粘り強いバッティングとの噂で期待してます。

1

損得ではなくそれぞれの球団の補強ポイントに合った選手を交換して新天地で出場機会を得てもらおうという選手ファーストでありながら的確な補強でもあるトレードなので大正解です。澤村の超格差トレード(←香月は巨人で活躍、澤村はロッテで活躍してメジャーに)の成功例からマリーンズは積極的ですね。国吉と有吉のトレードも同様に意義のあるトレードです。

1人がナイス!しています