戦国時代の武田軍って最強って言われるぐらいに史実でも強かったんですか?

日本史 | 歴史46閲覧

ベストアンサー

0

この返信は削除されました

その他の回答(2件)

0

信玄は若い頃は、負け戦の方が多かったですよ(>_<) 信玄本人は「6割勝てれば良い」くらいの感覚です。 「最強」と言い出したのは、周辺諸国の敵ですね。 武田軍から「逃げ出す時」に、決まって騎馬隊が追って来るので、 恐怖のあまりに「武田騎馬隊は怖すぎる、最強だ!」と 話に尾ひれがついたモノですので・・・。 ただ、晩年は「家臣団」が団結するようになり、 信玄も自由に兵を動かせるようになったので、 そこからは連戦連勝ですね(^^)/ 得意なのは、退却するように見せかけ、敵を誘い 城から追撃して来た敵に、反転攻勢を仕掛け、撃退するスタイルです。 この戦法で「三増峠の戦い」では北条軍を破り、 「三方ヶ原の戦い」では徳川軍を破りました(^^)/ (戦場に「三」が付くと、信玄は負けない?)

0

>戦国時代の武田軍って最強って言われるぐらいに史実でも強かったんですか? もちろん弱いはずはありません。強い方ですが、戦国最強というのはかなり過大な評価です。 武田は周囲の中で弱い方向を蚕食して、勢力を拡大しています。 甲信を中心に、中世力の乱立している西上野と、今川義元死後に弱体化した駿河、遠江です。北条氏の相模、武蔵や上杉氏の越後はほとんど手を付けていません。 信玄晩年の上洛戦でも、美濃の東端と三河の東端をかじり取っただけでストップしています。 そもそも武田軍最強という評判があれば、朝倉氏が織田包囲網を抜けて本国に帰還するということはないと思いますよ。