旋回中に車体を寝かすのが怖いです。

運転免許49閲覧

その他の回答(5件)

0

基本的ニーグリップが出来て居ないからです。 旋回時の基本は「リーンウィズ」アウト、インもありますが、それは場面次第。 ニーグリの基本は腰下はバイクをしっかり、腰から上は柔らかく。 場所、速度により適度にアクセル開けて後輪ブレーキを掛ければ、車体は安定します。 それは一本橋で学んだはずです。 昔の限定解除試験(大型自二)一発試験では、コーナーでふらついただけで、不合格ですよ。それくらい身体に叩き込まれます。 45年経っても覚えています。

0

そもそも根本的な何かが間違ってるような気が、、、 「バイクは寝かせると曲がる」と思ってないですかね たしかにスクーターは小径でジャイロ効果が低く キャスター角も立ち気味なので容易にぺたんと倒れ 切れ込みも強いからそれでも曲がっちゃいますけど 普通のバイクでそれやっても そもそも寝ようとしませんし無理に寝せても曲がりませんよ 寝かせると曲がるのではなく「曲がると寝る」んです 正確には ハンドルを切ることでスリップアングルにより旋回力が発生し それにより重心に前後タイヤ接地点を軸とした外向きの 回転ベクトルが発生するので、それと釣り合わせるために 軸を中心に重心を内向きに移動させる行為 それが「寝かせる」理由なんです

0

寝かせる事を意識せずに、出口を見ながら肩を入れてステップへの荷重でコントロールする事を意識してみてください。

0

慣れ、ではないでしょうか? 私など。車にも乗ったことなく、50もネイキッドに乗っていたので、スクーターは怖くてのれません。スクーターをそれほど寝かせてる人は見たことないです。想像するに、ニーグリップ、くるぶしでブロックする、とかいうことに原因があるのかなあ、と想像しました。 250のネイキッドをいきなり、とは、重いから。小型のオフロードで練習がお勧めなのですが。そうたくさん購入することもできないでしょうから。 私が、50ネイキッドから、250の重いバイクに替えた時、コーナリングで、当時(1980年代)切れ込むし、重いしこけたら何万もかかるから。コーナーやUターン下手なまんまでした。ツーリング好きで特に秘境などが好きでオフロード車に替えたら、だいぶん上手になりました。 250のときはなんとかうまくなりたいと思って。自転車をバイクに見立てて、練習しまくりました。ブレーキターンしたくて、パンクさせたほどに。ビデオをスローで何度も再生。イメージトレーニング。 スクーターよりも自転車、あるいはオフロードの小さいのが、練習には向いていると思いました。スクーターでそれだけ寝かせることの方が難しいと思います。コーナーの出口、そのまた先を見る、ということには慣れておられるかと思いました。 今のバイクは進化してクラッチ操作もないのがあるし、これくらいのことしか書けないのですが。上手くなることに情熱をかけたライダーからの回答でありました。

先の回答者様が書いておられるように。 惰性で回ると怖いです。 コーナーの前に減速する。低いギアで加速(アクセル開きながら)しながらコーナーの出口に視線を持って行く。そうしたら、タイヤが路面をグリップしてくれていると、体感できるから、怖さを感じなくなります。 今は250でも、オートマみたいにクラッチない、バイクもあるのでしょうか? 以上。6足変速のクラッチがあること前提で書かせていただきました。 常に安全に!頑張ってみて下さい!