回答受付が終了しました

ID非公開

2021/6/16 16:05

1414回答

Nikonの日本生産終了について

デジタル一眼レフ99閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

2人が共感しています

回答(14件)

0

もうニコンは最初からタイに生産拠点じゃないのかな。研究開発は国内。ソニーは中国とタイ、ペンタックスはベトナム。パナソニックは中国。タムロンは中国とベトナム。キヤノンは一部中国(台湾)やマレーシア、最近はミャンマーです。基本日本製造がキヤノンとシグマです。日本だと人件費やコストがという声が多いけど本当に果たしてそうなんだろうか。先進国では日本人給与所得額は下位です。シグマがレンズ日本製造で高性能で安価なのを出せているだからやろうと思えば日本国内でも出来るのではないかと思う。キヤノンは中国からほぼ手を引いたのは知的財産権保護からだろう。いくら違法と裁判やったところで中国本土相手だと無理と思ったのかもしれない。あとキヤノンはメイドインジャパンブランドに価値観を持っているように思う。中国人は日本製を好むからね。つまり売れるのがキヤノンとシグマ。レンズに関してはシグマは全て日本製で自社生産のようです。キャップも日本製。

ブランドになりたいなら生産国は重要です。それをやっているのがライカとツアイスです。パナのライカやソニーのツアイスはOEMなのでドイツ製ではないです。エルメスやルイヴィトンが中国でバック作ってたら興ざめしませんか?中国じゃなくても日本でもタイでもやっぱり駄目ですね。教育して他国でも作れるようにするのは良いけど、それをやって自国や自社ブランドのメリットは?結局安く作ることが目的であって拘って良いものを作るとは違うよね。日本はそんなことばかりやって自社ブランドや日本製ブランドを軽視したからどんどん製造業が衰退したんじゃないかな。もう大量生産の時代じゃないし原点回帰と思うよ。そうしないと中国に一気にマーケットを取られてしまうだろう。

1

ペンタックスも、日本では製造せずにフィリピンで製造している。 カメラ業界だけじゃないよ。 人件費の高い日本から、製造業が逃げているだけ。 そこに気付かない時点で、日本の産業そのものが終わってるのかも。 現状では、ほとんどの製造業が、下町の中小企業以外はほとんど海外依存になる。 その時に、今の若い人たちの仕事ってどれだけ残ってるんだろうか。

1人がナイス!しています

0

どこで作るか、よりも品質の担保が重要です。 品質さえコントロールできれば何処で生産しようがユーザーにとっては関係ありません。 ※雇用問題は別。 そもそも部品単位で見れば、今は大半が海外製品でしょう。 それを気にしてたら何も買えませんし、生産国に拘るのがただのブランドイメージならえらくアホらしい話です。

0

>一眼レフの国内生産終了になりますが >ミラーレスも生産しなくなるのでしょうか? ニコンの国内工場は、栃木のみになります。 Zレンズの高級品を作っているとのことです。 >あとミラーレス一眼を買うなら >SONY、Canon、Nikon 他 >どこがオススメですか?理由も一緒に教えてください。 (レンズ性能はどうでもよくて)、 とにかくレンズの値段が安くて、種類が豊富なことが希望ならば、ソニー。 カメラの便利機能にも定評があります。 レンズ性能にこだわるならば、ニコンZ。 自分も使っていますが、レンズの解像性と色分離性が凄いです。 撮影写真に、綺麗さを求めるならば、お薦めです。

0

すでにミラーレスの製造拠点はタイにあります。 10年前には製造拠点はタイに集まっていて、日本で作られていたのはフラグシップモデルだけでした。 ニコンユーザからしたら、日本での生産を終了すると聞いても、何を今更、というしかないです。 キヤノンは日本に製造拠点を置いていますが、コスト削減のために自動化を進めていて、従業員の数は少なく、雇用をまかなっているとは言えません。 ソニーも製造拠点はタイです。 ミラーレスについては、キヤノン、ニコン、ソニーともにどんぐりの背比べでしかないので、見た目は触ったときの感触で、好みで選べばいいです。