ID非公開

2021/6/16 21:20

44回答

医療についての質問です。 先日、車を運転中に心筋梗塞で意識を失い事故を起こしました。 私はこれが2度目の心筋梗塞です。

補足

生活習慣が悪いとのご回答がありますが、毎月の血液検査ではLDLコレステロールは正常値でした。値は50前後。 遺伝、体質、性格もあるので無知な回答は避けてください。ちなみに性格はタイプAです。 脂でステント内部が狭くなるのは理解できますが冠動脈の圧でステント自体の径が小さくなる事はあるのでしょうか? 手術現場での会話の感じでは、前回のステント留置時のステント拡張時に広げ足りてないといったニュアンスでした。 手術後の説明でステントをバルーンで広げた事も言ってました。

病気、症状 | 健康、病気、病院49閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/6/18 20:44

カテーテル留置してから1年後に1回だけカテーテル検査をしました。 その時は異常無しでした。 今は揚げ物、ラーメン、肉類一切食べない生活をしています。 油類は米油(圧搾製法)、アマニ油、エゴマ油、グラスフェッドバターのみ摂取してます。 これで再狭窄したら諦めて好きなように生きようと思ってます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

厳しいご回答もありましたが自分なりに解決できました。 今は食生活に気をつけて前向きに生きていきます。 ありがとうございました。

お礼日時:6/18 20:55

その他の回答(3件)

1

Grammiさんに同意します。 心カテのステント留置後の「再狭窄」は、数か月後に起こることが多いです。 2年も経過しているので、前回の手技は関係ないでしょう。 ステント留置の際は、血管の内側に傷がつくことが避けられません。 留置数か月後に再狭窄が起こるメカニズムは、今も明確ではなく、次のような要因などが複雑にからみあって発生すると考えられています。 ・recoil現象:バルーンなどによって引き伸ばされた血管が、また縮んでしまうこと ・remodeling現象:傷ついた血管の壁の中の平滑筋など細胞の増殖血管の再構築がされること お大事に。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/6/18 20:46

ありがとうございます。今は食生活に気をつけて再び再狭窄にならないよう頑張ります。

3

>手術後の説明ではステント内に脂が溜まってそれが詰まって心筋梗塞になったと言われました。 上の説明がすべてです。 「前回留置したステントの広がりが不足している。」 というのを補足すると 「前回留置したステントの中に、2年かけて脂が溜まり、現在は広がりが不足している。」 ということです。 決して 「前回留置した時点ですでに広がりが不足していて、今回のことが起こった」 というわけではありません。 まず医療ミスではないでしょう。

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/6/18 20:51

医療ミスなどと考えず、再び狭窄しないよう努力して生活します。