回答受付が終了しました

小学校2年生の算数です。 30-7-3=30-(7+3)

補足

これは敢えて難しいことを教えようとしているのではなく、2年生のテキストに出てきているので、どう教えたらと悩み、良いサイトが無いかと調べても適切なものが見つからず、質問させていただきました。

算数 | 小学校46閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

回答(4件)

1

小2では、マイナスの概念を習わないので、教えるとすればまずそこからではないですか。 それがわからない状態で、教えても、ただそんなものだということで覚えてしまい、実際、負の計算を習うようになったときに困る事になります。

1人がナイス!しています

1

かっこの中と外の組み合わせが 「-」が奇数個だと「-」のまま 「-」が偶数個だと「+」に変身。 -7と-3をまとめると、-10になる だから 30-7-3=30-(7+3)=30-(10)=30-10=20

1人がナイス!しています

どう教えたらと悩み 引き算が二つあるから、先にその数字を足しておく。 お母さんが兄弟二人にお小遣いを渡すとき お兄ちゃんには700円、弟には300円を渡すとします。 その時、お母さん自身は 700+300の計算をして 財布から、1000円を出す。 でも1000円札だと別けられないから 100円玉を5枚と500円玉を1枚出し それぞれに渡す。 このとき、 財布のお金-700円-300円=財布の残りのお金 を計算しますが 財布のお金-(700円+300円)=財布の残りのお金 要は 財布のお金-1000円=財布の残りのお金 の計算をしますよね。 質問の計算式を財布のお金に換えて説明してあげてください。 財布の中に30円(1円や5円も含めてある) 財布の中身は30円だから取り出すのは7円と3円 という風にね。 そうすれば 30-7-3=30-(7+3)=20 と判ると思いますよ。

1

山田くんはカードを30枚持っています。 小川くんに7枚あげて、木村くんに3枚あげました。 残りは何枚でしょう。 30-7-3=23-3=20 答 20枚 山田くんはカードを30枚持っています。 小川くんに7枚、木村くんに3枚あげるやくそくをしました。 小川くんが「木村くんの分もぼくがあずかる」といって、2人の分をまとめて持っていきました。 残りは何枚でしょう。 30-(7+3)=30-10=20 答 20枚

1人がナイス!しています