人間の女性の子宮以外の場所で胎児を育てることは、現代の医学と科学では可能でしょうか。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

>>最初から子宮外で受精卵を育てることは可能なのでしょうか。 A:男性の腹腔という可能性はあるかもしれないけど、危険すぎる。 多分、ホルモンの関係で無理でしょう。 B:人工子宮という意味なら、不可能。はるか先の未来はわからないけど。 動物実験でも、人工子宮の見通しは全く立っていません。 超未熟視のヤギかなにかの子供を、特殊なビニールパックの中で育てたという報道はあったけど、どのような仕組みなのかは知りません。 タイトルは人工子宮(バイオパック)になっているけど、あくまでも超未熟児用の特殊な環境です。 受精卵の着床からではないので、要注意!。 https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2017/04/post-7517.php

ThanksImg質問者からのお礼コメント

やはり胎児と未熟児では全く違うのですね。ありがとうございます。

お礼日時:6/18 15:39

その他の回答(2件)

2

ID非公開

2021/6/18 3:34

他の方も書かれているように、現時点においては、「子宮外での胎児の育生」も「最初から子宮外で受精卵を育てること」も技術的に不可能です。 noi*惰眠猫さんも書かれていますが、動物レベルでも人工胎盤ベースの生命維持システムで、羊の胎児を約5日間体外で生存させることが現時点の最良の結果になっています。 また、哺乳類の発生は非常に複雑でまだ不明なことが多く、マウスについても、つい最近ようやく胚の5日目から11日目(原腸形成前から後肢形成段階)までの体外発生に成功したところですので、学問的な研究目的だけだとしても「最初から子宮外で受精卵を育てること」については、まだまだ当分先の話ではないかと思います。 ただ、「24〜28週の臨界期のヒト胎児を助ける目的」で人工胎盤、人工子宮の研究は以前から行われていて、特に、EUのEindhoven University of Technologyでは昨年2020年から5年以内を目標に、実用的な人工子宮のプロトタイプを作成するための大規模プロジェクトが立ち上がっていて、もし、これが上手くいけば人工子宮の実用化に向けて大きな前進になるのではないかと期待されています。 ですので、倫理面での問題はあるかもしれませんが、上記のような場合に限り、「子宮外での胎児の育生」については、人工胎盤、人工子宮技術の革新によって近い将来可能になるのではないかと思います。

2人がナイス!しています