自転車のフリーパワーゴムの代わりに猿はじき板バネを使ってはいかがでしょうか?

補足

御回答より、 「猿はじき板バネ」とは…。 検索すると分かりますが、コイル式のそれは大昔に試作品が生まれています。 さらにいうと、狙った位置で反発力が発生してくれるかはどうでしょう。ずれると逆にペダリングを阻害することになります。 ごもっとも、 どのタイミングで収縮させてどのタイミングで反発させるか、 とても重要ですね。 貴重な御回答ありがとうございます。 ーー猿はじき板バネってのがどんなのか知らないけど、別にフリーパワーゴム樹脂は正規の大発明とかじゃなく、元々あったもののバネの部分を樹脂に置き換えただけだぞ。 ーートルマリンとかゲルマニウムの塊の方がよりプラセボ効果がアップして喜ばれます ありがとうございます。 プラセボ効果、 なんとなくペダルが楽になったような気がする現象ですね!?

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

どのタイミングで収縮させてどのタイミングで反発させるか、 とても重要ですね。 ーー猿はじき板バネってのがどんなのか知らないけど、 別にフリーパワーゴム樹脂は正規の大発明とかじゃなく、 元々あったもののバネの部分を樹脂に置き換えただけだぞ。 ーートルマリンとかゲルマニウムの塊の方がよりプラセボ効果がアップして喜ばれます プラセボ効果、 なんとなくペダルが楽になったような気がする現象ですね!?

お礼日時:6/24 8:34

その他の回答(5件)

0

質問者さんの発想は既に開発者が試行錯誤で実験済みですよ 他の回答者さんのとおり、ゴムやバネを縮めるエネルギーとゴムやバネが元に戻ろうとするエネルギーは等しいので、反発力の大きいゴムやバネは縮めるのに大きなエネルギーが必要になります つまり、べダルを踏む力(エネルギー)がゴムやバネが最小点まで縮まる力(エネルギー)より小さいと充分にゴムやバネの反発効果を得られないことになりますし、ペダルの回転がゴムやバネが最小点で縮められたまま元に戻る前に踏み込まれても充分にゴムやバネの反発効果を得られないことになります 使用対象がペダルを踏む力がどのくらいかを計算しないと意味のない開発になってしまいます 使用されるシリコンゴムの数量・質量(大きさ)と反発係数は計算されたものの筈です

0

トルマリンとかゲルマニウムの塊の方がよりプラセボ効果がアップして喜ばれます

1

反発力が強いと言う事は、その分バネを縮めるのに力が必要と言う事です。 楽するためのバネを縮めるのに力が必要になるのでは本末転倒ではないでしょうか。 また、ペダルを回す力以上の反発力がある場合はバネが縮む前にペダルが回ってしまうので、バネを入れる意味がないです。

1人がナイス!しています

1

良いんじゃないですか。是非作って試してみてください。 その脳内妄想楽しそうですね。

1人がナイス!しています