ハルノートには満州の権益の放棄、朝鮮半島の放棄も含まれてましたか

日本史 | 歴史26閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

そのもしも話しになっちゃうんですけどハルノートに従って中国大陸から兵を撤退させてたら今の日本の領土は満州、朝鮮、南樺太、千島列島、台湾が日本領だったと言う事になるんでしょうか

その他の回答(2件)

0

ハルノートの対日要求には中国から日本軍の撤兵を求めていましたが日本はこの要求を満洲も含めた物と解釈していました。そして米国は日本がハルノートを受け入れた場合に中国との和平交渉に付いては言及していません。

0

満州は微妙ですが交渉の余地はあります。 朝鮮半島は含まれてません。 ハル・ノート 第一項「政策に関する相互宣言案」 一切ノ国家ノ領土保全及主権ノ不可侵原則 他ノ諸国ノ国内問題ニ対スル不関与ノ原則 通商上ノ機会及待遇ノ平等ヲ含ム平等原則 紛争ノ防止及平和的解決並ニ平和的方法及手続ニ依ル国際情勢改善ノ為メ国際協力及国際調停尊據ノ原則 (略) 第二項「合衆国政府及日本国政府の採るべき措置」 イギリス・中国・日本・オランダ・ソ連・タイ・アメリカ間の多辺的不可侵条約の提案 仏印(フランス領インドシナ) の領土主権尊重、仏印との貿易及び通商における平等待遇の確保 日本の支那(中国)及び仏印からの全面撤兵[注釈 3] 日米がアメリカの支援する蔣介石政権(中国国民党重慶政府)以外のいかなる政府も認めない(日本が支援していた汪兆銘政権の否認) 英国または諸国の中国大陸における海外租界と関連権益を含む1901年北京議定書に関する治外法権の放棄について諸国の合意を得るための両国の努力 最恵国待遇を基礎とする通商条約再締結のための交渉の開始 アメリカによる日本資産の凍結を解除、日本によるアメリカ資産の凍結を解除 円ドル為替レート安定に関する協定締結と通貨基金の設立 日米が第三国との間に締結した如何なる協定も、太平洋地域における平和維持に反するものと解釈しない(日独伊三国軍事同盟の実質廃棄) 本協定内容の両国による推進