ID非公開

2021/6/18 21:05

55回答

ADHDでした。はずかしながら28歳になってやっと気付きました。。営業職をしていたのですが、怪我してしまい事務員に転職。すると全く仕事ができず、ケアレスミスばかり。

2人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

ADHDと一口に言っても。 ADHDの殆どはASDを併発しているのだそう。 「ADHDよりASDの傾向が強い」「ADHDではなくASD」 そういう診断が下るケースも多いと聞いています。 ADHDの診断が下りても。 「多動性及び衝動性」と「不注意」を比較して。 「どちらかが強いタイプ」と「両方が並列に出ているタイプ」で別れるし。 薬だって。合う合わないが激しく。 薬代に見合った効果が出ない―という理由で飲むのを止めてしまう人も多いそうです。 厄介ですが。 望む望まざるに関わらず。発達障害者に生まれてしまった以上。 ADHDは一生付き合って行かねばならない障害です。 「周囲にとっての障害」にもなる問題ですし。慎重に。かつ迅速に判断しましょう。 まずは主治医に相談するべきだと思います。 https://www.kaien-lab.com/aboutdd/adhd/

1

営業職の時にもありませんでしたか? アポ忘れ、忘れ物、一方的にトークをしていた等… 私は営業職ですが、明らかにADHDの年配の方が居ます。 個人情報紛失、とんちんかんな質問、話してる側から話を割る、思い立ったらやりっぱなしで居なくなる等… でも突拍子もないことを言って和むこともありますが、本人はいたって真面目な顔をしており、疑問に思ったことはとことん集中していますし、追及しています。 そんな方は事務職は困難だと思います。 続けたければ意識的にミスしないように2度も3度も見直す癖を付けるしかないですね

1人がナイス!しています