回答受付が終了しました

(例) 親は固定資産税が、高額過ぎて悩んでいます。

1人が共感しています

回答(3件)

0

推測ですが、固定資産税評価で約2億円ですので、相続税評価は数億かと思います。 そのため相続税も大変になると思いますので、一部売却または、賃貸住宅を建設する必要があるかと思います。 ※賃貸住宅を建設するのはリスクもありますので甘い言葉に騙されないようにする必要があります。 私だったら半分(約2億円)売却してREIT等で運用します。

当人曰く敷地700坪の一部分は、特区に賃貸住宅が建築されており家賃収入も年間約600万円有るそうです。 後、その影響も有って固定資産税は減税されたそうです。 しかし、それでも固定資産税は年額400万円程掛かるそうで納税に苦悩しているらしいです。

0

それだけ課税されるのなら、それを遙かに超える価値のあるものを持っていると言うことです。 その価値のあるものを持ち続けるだけのステータスを維持する努力を怠った結果、苦しくなっただけですよね。 維持できるだけのステータスが無くなったのなら、無いなりの生活に切り替えなければいけないのに、「生活レベルを下げるのは嫌だ」は通用しません。 自分のステータスを上げて余裕で払えるようになるか、払わずに済む規模に縮小するか、二択ですよ。まあ、後者なら先祖にお詫びをしなければならない醜態だとも言えますから、なかなか後者を選ぶのは勇気が要るのかも知れませんが、前者を果たせなかった自分の落ち度でもあるわけですよね。 そもそもで「人からのもらい物」であって、自分で築き上げたものでは無いから、余計に分不相応な状態になっているとも言えますよ。親はその家を持つ資格が無い人なのです。 >祖先の資産を、売却するしか手段は無いでしょうか? 親が自らのステータスを上げられないなら、それしか残らないですね。

他の人も言うように、固定資産税はその土地を管轄する役所の管轄ですね。なので管轄外の税務署員は固定資産税は扱えず、物件については相続税や贈与税など、税務署管轄のものしか関知しません。 固定資産税は税務署員ではなく、役所の職員が管轄します。

1

取られる・・・って。 納税は資産を持っている人間に課せられた義務です。 払えないなら売却して、身分相応の暮らしをする しかないですね。 あと、固定資産税は地方税なので「税務署」は 来ませんから、ご安心ください。

1人がナイス!しています