ID非公開

2021/6/20 12:37

66回答

妻と離婚を前提に別居をしようと思います。

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(5件)

1

妻名義に書き換えてから出た方が安全なのは確かですよ。 書き換え拒否に遭ってあなたが家賃を支払い続けるハメになって、立ち入りもできなくなるとかでは大変ですよね。 追い出し義務はあなたに課せられるのが基本なので、本当に厄介なことになり得ます。 先に書き換えることを強くお薦め致します。 自分が出て行ってから、相手が出てくれず、お金も払ってくれず、離婚後も泣き寝入りと言うトラブルはあるんですよ。非常に危険です。

1人がナイス!しています

1

まず、別居、離婚をされる際の条件として、その賃借室の契約名義、賃料、契約期間のトラブル(滞納や事故)、解約手続きや退去時の精算についてどうするかを決めなければいけません。 一切の責任をご主人が負うというのであれば、そのままの名義でご主人だけが住所変更をする(契約者はご主人のままで、妻(子)が入居者のテイ)でも(基本)構いません。 ただ個人的には、別居、離婚後に家賃を誰が払うのか、事故トラブルの責任までは負わない方が良いと思いますので、名義変更の手続きをオススメします。 大変失礼ですが、万一、室内で自死をされるとか、失火を出すとかの事件、事故、退去時に大きな損傷を出しており、費用の請求をされる・・などもリスクが大き過ぎます。 そこで、「名義変更」となりますが、これは「住みながらの新契約の手続き」になりますので、奥様が契約者となり、必要であれば保証人、保証会社の審査を経て、承認が降りれば契約締結に進みます。 あくまで新契約になりますので、契約書類の巻替え、保証会社の費用、保険への加入、仲介手数料などは満額必要になります。(交渉の余地はありますが) あとご主人名義での契約は「解約手続き」をしっかりと行ってください。 例えばご主人の契約は7月末日で解約と通知を出し、奥様の名義で8月1日から契約とするのが望ましいですね。 敷金、礼金、保証金などがある場合は、減額や免除、スライドなどの交渉は可能ですが、貸主側がどう判断するかです。 (鍵交換費用やハウスクリーニング費用なども同様です) 別居、離婚後、賃貸契約での(大きな)リスクは抱えない方が良いと思いますので、慰謝料や月々の生活費(養育費)などの金銭だけで処理をされ、契約は残さないことをオススメいたします。

1人がナイス!しています

0

法的には直ちに問題になることはありません。しかし、多くの場合、賃貸契約書に次のような条文があると思います。 第○○条 甲及び乙は、本契約書に定めがない事項及び本契約書の条項の解釈について疑義が生じた場合は、民法その他の法令及び慣行に従い、誠意をもって協議し、解決するものとする。 よって、短期間、一時的でない限り管理会社または家主に報告し、協議する必要はあります。その際、あなたがどうしたいのかを明確にしておいいてください。例えば、責任をもって家賃の支払いをする(させる)ので、離婚が成立するまで名義変更か退去かを決めるのを待ってもらいたい。と自分の希望をしっかりとさせておくといいと思います。

1

離婚成立月まではご主人さんのままでもかまいませんが、離婚後は奥さんの名義に変えた方がいいと思います。話し合い次第ではないでしょうか。

1人がナイス!しています

0

あなたが住所変更した後でもいいので・・・ 元奥さんが一人で住むことへ変更になること、不動産屋に伝えて対応を仰いだ方がいいです。 あなたが家賃を払う決まりとしても、住む・利用する人物の把握が出来ないというのは大きな問題です。 何かトラブルが出ても、元奥さんから「元旦那が契約して家賃を支払っているので知らない」とか言われても管理者は困りますので・・・ 契約に変更が出れば、不動産屋など管理者側に伝えましょう。