ハプスブルク帝国って支配者としては寛容な国だったのでしょうか?

世界史15閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

寛容というよりは、皇帝権が弱体であり、領邦(日本の大名みたいなもの)の力が強かったので、強権支配ができなかっただけだ。 最盛期のカール大帝やオットー大帝の頃でも、征服戦争や反乱鎮圧に忙しくて、強力な支配機構を作る暇がなかった。それにこのザクセン朝は3代で途絶えて、その後、皇帝権はどんどん弱体化していった。

1

ドイツ系やハンガリー系など複数民族で構成されていたハプスブルク帝国は、諸民族の自立性を尊重していました。しかし、第一次世界大戦は、史上初の国力を一元化する総力戦であったため、ハプスブルク帝国の体制とは矛盾するものであり、崩壊する結果となりました。

1人がナイス!しています