霊能者に霊視を依頼して、例え当たっていても「外れてました」と言うことで、霊能者を陥れることも可能ですか?

1人が共感しています

その他の回答(4件)

2

はずれたといえるなら、自分についてる霊がわかるということだから霊能者に行く必要なんかないだろ 霊視ってその人間についてる霊を見ることなんだよ その人間が知ってることを当てることじゃない 自分が知ってることをいちいち霊視してもらう意味なんかないし 霊視は霊的なものを見ることで、その人間の物質的な情報を見ることじゃない 霊視と透視は別物 霊視が当たってる、外れてるといえるのは、自分も霊が見える人間だけだよ 霊を視るのが「霊視」だって理解してない人間が多すぎる 霊能者に当てものを依頼するような無駄なことする意味ないと思う 自分がわからない霊的なことを見てもらうのに、当たってるとか外れてるって言える分けないやん それにあたってるとか外れたとかいう内容を霊視するバカ能力者にも問題がある その能力者は霊視が何かというのを理解してないということになる

2人がナイス!しています

1

仮に相手が本物の霊能者なら、そういう考えも見通すんじゃないでしょうかね。 見通せないとしたら、そのお相手は偽物かもしれないし、本物を陥れたとしたら何らかの「お返し」があるかもしれません。 藪蛇にならなければ良いですね。

1人がナイス!しています

1

物理的に可能でしょ。 それで名誉棄損だの営業妨害だので訴えられても仕方ないだろうけど。

1人がナイス!しています