農家に嫁いで、お手伝いした分、お金をもらうとしたら、法人化にしなければならないのでしょうか?

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

酪農家やってます。 そんなことないです。 そもそも農家(個人事業者)の所得税、青色確定申告では、家族を事業専従者として毎月、税務署に事前申告した月額内で給与を支払えることになっています。 その給与は確定申告時、農家所得の経費として全額計上出来ます。 で、給与が口座振込の場合、その口座を事業主が管理して従業員たる名義家族が自由に使えないような状況ならば、それは違法です。 ちなみに事業専従者は労基法の枠外なので、月給が法定最低賃金を下回ったとしても わが家の経営では、ここまでしか払えない┐(´~`;)┌ ということなので違法でも何でもない。 農家の事業専従者は、法律上、厳密には労働者扱いされないと言うことがネットに出てた(´Д`)

0

法人化しなくても可能です。 払える金が残っていればの話だけどね。 旦那も嫁も同じ財布という感覚の ところも多いと思うよ。 その場合、実質、お金を管理しているのは 嫁という場合が多いと思います。 法人にするとか嫁さんに給料払って 経費するとかは節税とか総合的に 考える話であって別に経費にしなくても お金を払うことは可能です。 問題は払う金があるかどうかです。 なければ嫁さんも他にバイト等に出て 生活費をいれなきゃいけなくなるのは 農家とか全く無関係の話です。 個人事業者の場合、従業員には必ず 給料を国の規定以上払わなきゃいけないので その為に経営者家族が他で稼ぎ補填する 話はよくある話です。 経営者は利益出せなきゃ当然持ち出しだからね。

0

給与として受け取って節税したいなら、法人化しないといけません。