ID非公開

2021/6/25 1:51

22回答

「区分所有法について」教えて下さい。

不動産 | 法律相談20閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

ID非公開

2021/6/25 12:12

ID非公開

質問者2021/6/25 12:45

こんにちは。 「誰がどうなのか。どれに当てはまるのか」が曖昧なまま勉強を先に進めてみたものの、やっぱりちゃんと理解して消化したいと思い、質問させて頂きました。 パズルのピースがぴったり合うかの様にスッキリと理解できました。とても分かりやすかったです。 テキストにも書き込んで更に知識を定着させていきたいと思います。 お忙しい中でご回答下さり、本当にありがとうございました。 気温差が激しい毎日でございます。 風邪などお召しになりませんよう、体調にはくれぐれもお気を付け下さいませ。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

教えて下さった事をテキストに書き込み読み直した所、スッと理解できました。 これで試験において満点が取れそうです! ありがとうございました!

お礼日時:6/25 12:49

その他の回答(1件)

0

まず、区分所有者とは購入して所有権を持つ者の事。 それに対して借りている者=占有者=準区分所有者という立場になります。 ここでの義務は貸している大家も借りている者も管理規約等で決めた事は遵守する義務があるという点。 〇△マンションは各戸分譲したマンションの事です。 上記に当てはめて下さい。簡単に理解出来ます。 〇△□マンションは、1室だけ分譲してしまった個人マンションの事です。 マンションは基本区分の集合ですが、この場合大半の権利があるので、実質決議はどうにでもなります。大半の権利を持つ大家が管理者かも知れませんね。 管理者は管理会社に委託している場合もあり、区分所有法で管理組合を設置しその中から理事長、理事、監査等も設置出来ます。 これで理解不能なら素直に学校へ行き勉強しましょう。 基本中の基本レベルです。

ID非公開

質問者2021/6/25 12:36

全くもって「理解不能」にはなっておりません。よく理解できました。これで試験においては満点が取れます。 しかし、私の設問に対して個別の回答がございませんでしたので、その部分に関しては「理解不能」でございました。私の頭の悪さにより設問の回答が見出だせず、申し訳ありません。 しかし、お忙しい中でご回答下さった事にも大変感謝をしております。 ありがとうございました。 季節の変わり目でございます。どうぞご自愛くださいますようお祈り致します。