福島原発事故における小児甲状腺癌多発問題の質問だが、 この先生の言っていることは本当か? ↓

1人が共感しています

ベストアンサー

2
画像

2人がナイス!しています

その他の回答(2件)

4

甲状腺スクリーニング検査はメリットが小さいことはよく知られています。 甲状腺がんは成長が遅いのでわざわざ発見する必要がないがん代表格です。

4人がナイス!しています

>>pse********さん 2021/6/28 21:27 甲状腺スクリーニング検査はメリットが小さいことはよく知られています。甲状腺がんは成長が遅いのでわざわざ発見する必要がないがん代表格です。 ↑ 原発推進の専門家は、どうしてそんな事を言うんだ? それは原発事故とは関係ない大人の甲状腺癌であり、しかもそれは転移や浸潤も無い振る舞いもおとなしい無症候性の微小乳頭癌の話しであり、チェルノブイリ原発事故や、福島原発事故で見られる転移や浸潤もある成長も驚くほど速い事例もあるアグレッシブな癌と同列に語るとは何なんだ? いくら原発推進の専門家だとしても言っていい嘘と悪い嘘があるだろ。 もし根拠があるならそれを詳しく説明してくれよ。

2

まぁ、言ってることなんて、単に「生まれた時から癌細胞は毎日作られてる」ってだけの話ですが? 若いうちは免疫細胞が毎日頑張って退治してる。 免疫細胞が老化とともにまともに機能しなくなってから、今度は癌細胞が活発化するってなるってのは自然の流れ過ぎて、何でこんな話も知らないのってレベルです。

2人がナイス!しています

この返信は削除されました