ID非公開

2021/7/13 23:17

55回答

100ワニはなぜあんなに批判?炎上?しているのですか? 数年前にTwitterで見かけた時は暖かいコメントが多かったと思うのですが、いつのまにか 悪口ばかりになっていて驚きました

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(4件)

2

元々、漫画家を自称してるだけの仕事のない素人が趣味でTwitterにあげてる漫画って前提での温かいコメントです 殆どの人は素人の落書きレベルと思いつつもファンもいるみたいだしわざわざ否定はしなかったって感じです 持ち上げてた人も素人の落書きにしてはマシというレベルで持ち上げてた人と、ルサンチマンを拗らせた結果、素人の作品を成功者たるプロより素晴らしいと持ち上げることに意味を見出していた人くらいです 純粋に漫画自体が素晴らしい出来だと感じてた人なんて居ないでしょう それが実の所、電通が三流漫画家使って仕組んだ実験的な企画だったという事がわかったわけです 要するに、SNS上に架空のブームを仕掛けることで二束三文で作れる質の低いコンテンツで儲けられないかという実験ですね となると、世の中の扱い方も変わります 素人だからとハードルを極限まで下げていた人は、実はプロの仕事だったと知って公平に評価するようになります ルサンチマンを拗らせた人にとっては才能ないのに電通に取り入って富を得た人という最大級の敵になります 持ち上げる人がいなくなれば最初からフラットに見て、なんだかなあと思いつつ黙ってた人も忌憚のない意見を言うようになります 収益化に失敗した時点で、おそらく当初はいたであろうサクラも居なくなったでしょうね この辺の事情で擁護する人がいなくなったと言うのが実態です そもそも当初の持ち上げられてた状況が異常すぎたんです

2人がナイス!しています

1

ワニが死んでしんみりしている直後に、漫画化、グッズ化、映画化、いきものがかりとのコラボなど発表した事がきっかけです。日本人って特に金の匂いを酷く嫌う人が多いので、 また、死を扱う作品においてスポンサーが、過労死で有名な電通であることも大きいです。ネット上じゃ電通めちゃくちゃ嫌われ者なんですよね笑 ほかにも中止になったはずのライブ配信でスパチャが沢山投げ込まれ続けたり…ステマを雇っているんじゃないの?と、 初めから仕組まれてヒットしたんじゃないか?という説が有力なんです。 その後も作者が誹謗中傷を訴えたりしたんですが、作者へ直接ツイートしているのではなく、個人でワニと一緒に作者も死んじゃえばいいに〜。などと、間接的に1度だけ呟いているものをエゴサして訴え、2回続けて敗訴し、判決を下した裁判官が木村花誹謗中傷裁判で賠償命令を下した裁判官であったことなどから、結果的にアンチを煽ることになったりと、やること全てが逆効果になっている状態です。 肝心の映画は、内容を抜きにしても、60分で普通映画料金であったり、元々四コマなので大きく展開や動きがあるものでも無いので、元々の評価も相まって酷評されています。

1人がナイス!しています