明治時代や大正時代の日本の文学作品を読んでいると、よく登場人物や他の作家に言及する際にアルファベット一文字のイニシャルを用いているのをよく見かけませんか?あれは何故ですか。単なる流行りでしょうか。

文学、古典 | 小説103閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

時代を関係なくイニシャルが文中で用いられることはありますし、作者のクセやその時の気分などによるのかもしれませんね。

お礼日時:7/23 1:18

その他の回答(1件)

0

たとえば? 「マ元帥」みたいな意識じゃないですか。

田山花袋の「東京の30年」を呼んでいて気付いたことなのですが、「KとT」や、O君、Y君、I婦人などやたらとイニシャルを使っていました。まだその時代の文学を読み始めたばかりなのですぐに他の例を思いだせませんが、他の作品でもイニシャル呼びしていることが時々ありませんでしたっけ。