ID非公開

2021/7/14 23:11

44回答

字が、上手くなりたいです。鉛筆だとまだマシなのですが、ボールペンだとあまり滑らなく、細いので余計下手になります。字を書くのにはペン選びも重要なのでしょうか?それと、行書のコツなどあれば教えていただきた

画像
補足

書くスピードは、遅い方がいいのでしょうか?早い方がいいでしょうか?(行書の場合です)

文房具 | 日本語252閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/15 5:51

回答ありがとうございます。 ちなみに、今の私の字は何点くらいでしょうか?

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん細かくありがとうございました。

お礼日時:7/18 15:58

その他の回答(3件)

0

漢字と仮名の大きさが極端に異なるから”上手な字”には見えない。”ハネ”や”ハライ”の方向が逆になる文字があったりなかったり、”トメ”るところでトメたりトメなかったりで統一性規則性がなく、カオスな文字に感じる。 小学校でマス目の中に文字を描いたことの意味がまるでなくなっちまっているなあ。 どいう持ち方をしているのだろう?握り気味かも。筆記具によって持ち方変わる?美しい持ち方の人は箸の持ち方も美しく文字も美しい、という相関が強い。先ずは持ち方(ついでに”箸”のも)を見直した方がいいような気がする。 >ボールペンだとあまり滑らなく、細いので 滑りすぎているんじゃないんだよね。筆圧を掛けすぎなんじゃないのかな。筆圧を掛けすぎてボールを止めているんじゃないのかな。 鉛筆より細いボールペン使ってるの?それじゃ、やっぱり筆圧掛けすぎだよ。握り持ちして筆圧掛けちゃってるんじゃないのかな。 筆記具の違いが原因なんじゃなくて持ち方が原因だと思うよ。 持ち方の見直しをして、マス目の用紙を使って、縦書きで文字を描く練習をした方がいいんじゃないかな。色んな筆記具で。 「行書」と「楷書」を取り違えてない?

ID非公開

質問者2021/7/15 19:46

箸の持ち方と言われドキッとしました。確信的なアドバイス感謝致します。 確かに、私は筆圧が濃すぎるなぁと思っておりました。持ち方からもう一度見直してきます。

0

ボールペンは下が硬いところで書くとうまくコントロールできないことがあります。ボールペン字の教本には軟質下敷きを敷くか柔らかいデスクマットの上、紙を数枚重ねた上で書きましょうって指導になってます。 硬質の下敷きを使って書いていたりはしませんか?

ID非公開

質問者2021/7/15 19:46

はい、硬質の下敷きの上で書いてます。確かに書きにくいです。

0

「弘法筆を選ばず」ということわざがあります。 つまり上手い人は道具に関係なく上手い字を書けるって意味ですが、逆に言うと下手な人はかなり道具に影響されるって事です。 まず油性ボールペン、特にジェットストリームのような低粘度タイプのボールペンは、日本語の文字を書くのには向いていません。 日本語は本来は毛筆で書くのに適した形なので、筆で書く「トメハネハライ」が再現できると、それだけで簡単に割と綺麗な字に見えます。 しかし線幅が常に一定になる油性ボールペンではトメハネハライを表現するのは困難です。 上級者はそれを工夫して表現するのですけど、そうでない人はボールペンではなくそれを簡単にやれるペンを使うのが手っ取り早いですね。 最も手軽なのは筆ペンです。 呉竹の筆ごこちとか、ぺんてるの筆タッチサインペンとか、カジュアルな筆ペンから試してみてください。 もっと実用的なペンが良ければ、油性ではなく水性やゲルインクのボールペンで、太めの線幅のものが良いでしょう。 0.7から1.0あたりが手に入りやすいと思います。

この返信は削除されました