ID非公開

2021/7/16 12:55

77回答

士業の方が、報酬を例えば数千円程度など相当の低額にし、高品質低価格を アピールして、他の税理士や社労士(社会保険労務士)と差別化を図り、お客 さんを集めるのは、有効な方法なのでしょうか?

起業 | 資格102閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、参考になりました!

お礼日時:7/18 22:48

その他の回答(6件)

1

ID非公開

2021/7/17 17:03

非常に有効です。 手続業務は激安で。 コンサルに特化しましょう。同業が嫌がることを、あなたがやろう。

1人がナイス!しています

1

最初のうちは安いから仕事も来ますが、大手も真似をし始めるので長くは続かないです。今までの半額が相場になってしまうと、2倍仕事をして以前の仕事と同じ報酬しか稼げず、労力ばかり増します。結果、自分の首を締めるわけですが、価格競争により業界全体も不毛な戦いに巻き込まれます。 昔は、報酬規制があり、自由に報酬を決められなかった時代もありましたが、自由化され幾らで受けても良いですが、こういう価格競争は足の引っ張り合いにしかならないですね。顧客からしてみたら相場が安くなるのは良いでしょうけど。

1人がナイス!しています

0

顧問料が全体的に低額なディスカウント社労士を知っています。労働事務組合も併設しており、売上もそこそこ、有ります。本来なら、従業員が2〜3人いても不思議でないですが、社労士1人で頑張っています。但し、朝の3時から夜の6時まで働いています。休日も仕事しています。家族サービスしており、私事も円満です。お客さんや同業社労士の評判も良く、県会の役員もしてました。お客さんの紹介等で急激に顧客が増えたのも事実です。働きすぎてはないかと思いましたが仕事が好きなので苦にならないそうです。私はこの様な魚河岸的社労士は出来ませんが要は人それぞれ、だと思います。報酬の高低は仕事量に比例して採算が取れるのではないでしょうか。

0

必ずしも有効とはいえない可能性があります。 例えば、年収1000万を稼ぐのに、単価20万なら50件で出来ますが、単価5万なら200件必要です。単価10万でも100件ですね。 果たして、それだけの件数を受注できるのか、業務量を増やして品質を保てるのか、ということになると思います。

1

入口商品として、当初の届出書を無料又は低額にしてお客様を集める手法はあると思うが、本業たる仕事でコレをやったら、忙しいけど、所得が上がらないということになり、自分で首を絞めることになります。

1人がナイス!しています