回答受付が終了しました

村田基さんが霞ヶ浦ではバス釣りを抑えてナマズ釣りが一位と謳っていましたが本当ですか? どうみてもバサーが多いような気がしてならないのですが・・・

釣り683閲覧

1人が共感しています

回答(6件)

0

村田に「さん付け」なんかすんなよ!信者かっ!? あんな奴の話なんか2・3割だけ聞いて話半分すら聞く必要はない。 ただのキャストはうまい銭亀だろ。

1

あんまり、あの人は鵜呑みにしない方が良いですよ。

1人がナイス!しています

2

村田基さん・・の本質を知ればウソかホントかわかります。 釣名人ではなく「超優秀なビジネスマン、セールスマン」です。 売れる釣り具を提案し収益に貢献し続けてるから店も安定。 シマノさんの契約を30年以上も続けられるんです。 バス釣りブームを火付け、煽っておきながら 外来魚問題で「法令違反」をシマノも村田さんも恐れて 「管釣り」に移行。おひざ元の霞水系では食物連鎖が安定し バスが激減。変わってアメリカナマズが厄介者に。 村田さんの発言はどこでのものかわかりませんが 今までの経緯、環境変化からすると 「今度はその手できたか・・・」って思いました。

2人がナイス!しています

1

霞ヶ浦北浦湖面調整委員会が毎年調査しているようで、ジムはそこの副会長だから、とある調査結果としては正しいのかなと。 但し、調査目的や調査方法について詳しく言及はして無かったので話し半分かな。釣種の調査なのか、釣れてる魚種の調査なのか。 また、目視だけなのか、釣り人に釣種を聞いて確認してるのか、大分結果は変わるよね。バスロッドでシーバス釣ってる奴も、逆も多々いる訳で。。 釣人が釣り上げた魚を確認してナマズがバスを抜いて1番釣れてたってんなら納得できるけど。自分も狙った釣種としてはバスの方が多いと思うなぁ。。

1人がナイス!しています