ID非公開

2021/7/17 23:54

88回答

西鉄はかつて西武の前身となるプロ野球球団を持っていたのでやはり西武グループに属していますか?

3人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(7件)

1

補足 太平洋クラブやクラウンライター(ガス)はネーミングライツなので経営主体ではありません。福岡野球という独立した企業が経営母体でした。

1人がナイス!しています

1

まるで関係ないです。 1949年に西鉄クリッパーズとして創立したライオンズは、1951年に西日本新聞が立ち上げていた西日本パイレーツを吸収合併して西鉄ライオンズが完成。 その後黄金時代が数年あったが、次第に低迷になってゆき、八百長問題等があって太平洋クラブに球団を西鉄が1972年と提携し、太平洋クラブライオンズとなった(一時はペプシコ日本法人、パイオニアへの売却話しも合ったが全て実現しなかった)。 提携が切れた後1977年からクラウンライターと提携してクラウンライターライオンズとなった球団は、またもや低迷を繰り返して売却となったのが1979年。西武鉄道が購入して埼玉西武ライオンズが新生した。 という流れです。西武には居る前に2社を経ていることでも関係ないのが解るかと思います。 西武の子会社鉄道は、伊豆箱根鉄道と近江鉄道です。

1人がナイス!しています

1

西武鉄道と西鉄は全く資本関係やグループ関係では無いです。球団は西鉄から別のオーナー企業になりそこから西武が球団を保有する様になりました。当時の西武グループの堤義明会長は球団保有には興味は無かったらしいですが、安倍前首相のお父さんの安倍晋太郎氏の仲立ちで保有する様になったと聞いた事があります。

1人がナイス!しています

1

全く資本関係はありません。グループ企業でもありません。 ライオンズ球団は西鉄から一度売却され、その後別の所有者がいて最終的に西部鉄道に買い取られたものです。

1人がナイス!しています

別の所有者と言うのは太平洋クラブと言うゴルフ関係の不動産会社です。ネーミング権を売ってクラウンライターと名乗っていた時期もありました。