ケルトン教授はなんで「日本が財政破綻する可能性は0」とまで言い切っているのですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

財政破綻を国債のデフォルトのことだと考えると、日銀が国債買入しているのでその可能性は限りなく低くなっています。要するに、通貨発行して(お金を刷って)国債買っているので、原理的にはいくらでも買えるということです。 ただし、これで国家としての経済危機を回避できるわけではありません。真の問題は、インフレが制御できるのか、国債暴落に対処できるのかということです。 そして、国債発行を繰り返して市中のお金を膨らませていけば、いつかインフレとなり、最悪制御不能となります。 また、インフレとなって現在のインフレターゲット2%を達成すると日銀が国債買入を停止しますから、国債の買い手が激減します。このときに海外ヘッジファンドが日本国債をターゲットとして売り崩してくれば、国債は暴落します。

0

世界中の経済人はその様に理解していますよ 世界で何かが起きると忽ち安全な日本円が買われるのが其れを証明しています 日本が財政破綻するなどとヒステリックに喚いているのは、ウソばかり 垂れ流す財務省と御用メディア、それに簡単に洗脳される情弱市民たちだけです 抑々その財務省が、かってアメリカの格付け会社が日本国債の格付けを 引き下げた際に、日本円で発行されている日本国債が破綻する事は有り得ないとして公式に抗議している程度の話です