ID非公開

2021/7/20 18:37

33回答

土地三千坪の太陽光発電所への運用事業 ――― 太陽光など再生エネルギーへの風向きが若干変わってきているようは 経済産業省の試算を見ました。 以前のような太陽光で儲けを念頭にするのではなくても

ベストアンサー

0

農地をなめてかかると、大変なことになりますね。 光飽和点が一定以下の農地併用型の太陽光なら、比較的許可が得やすいです。 単純の転用は大義名分が必要になりますね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

農地ではないぞ! 農地ではないです 雑種地です 山や傾斜地でないことを説明するために 「平坦な田畑スタイルの土地」―と書きました。

お礼日時:7/25 2:08

その他の回答(2件)

0

できるかどうか不明ですが、売買契約から20年間の借地契約にしたら良いと思います。 なぜなら、その業者が20年間設備の運用後にその設備を無償で譲渡されるとそのままその設備が使用可能(劣化はしていますが)だからです。 20年後の情勢がどうなっているか不明ですが、もし、自然電力の値段が上がっていればぼろもうけです。

ID非公開

質問者2021/7/22 5:27

それも1つの選択肢に挙げて良いかも知れないですね 有難うございます。

0

何がしたいの?契約して手付貰ったけど倍返しすれば大丈夫の前に債務不履行だよ。

ID非公開

質問者2021/7/21 5:23

債務不履行・・・? その方面の民法を知らずに質問でした 「債務不履行」は、どういう意味ですか