回答受付が終了しました

オデュッセウスの記憶という書物を読んだことある人に質問です。

文学、古典118閲覧

回答(1件)

0

簡単に言えば、ヘレネス(ギリシア人はヘレンの子孫という概念)以外の民族の総称がバルバロス(複数形でバルバロイ)です。 バルバロスという言葉は、「変な言葉を話すもの」という意味で今の英語の野蛮人(バーバリアン)の語源です。 具体的には次代によって多少区域が変わりますが、トラキア人(基本ギリシア残だが方言がかなり違う)や、ペルシア人を指します。 つまりつまりヘレネスとは相いれない考え方を指すのですがこれはあくまでもギリシア側から見たものです。 ギリシアではスコレー(暇)を持つことはギリシア的自由の市民特権でこれは自由な思索や活動の実践というロゴス(理性)を発展させるつまり「哲学」すること(根本の概念=アルケー)を意味しています。対してバルバロイ概念はヘレネス以外の物を指すのですが、この場合は転じてヘレニズム(ギリシアイズム)を共用する当時の世界概念と捉えてよいかと思います。