最近入道雲やかなとこ雲ができて昔の夏空のような気がします。

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

不適切な内容が含まれている可能性があるため、非表示になっています。

0

→ さああああああーーーーーっ!どおおおでしょうね?詳しく調べるのが一番なのでしょうね!広く詳しくですよ!

0

温暖化は進んでます。近年の急速な温暖化は中国が主原因といえます。今更ですが、温暖化主原因は二酸化炭素です。 https://youtu.be/VGWzksHmP4w https://youtu.be/XYgyDIDa8H0 日本政府の正式のページ↑二酸化炭素が原因と解説してます。二酸化炭素が主原因で100%間違いありません。寒冷化も数万年はしません。 どの国の政府の正式なページにも同様に二酸化炭素と言って動画解説が出てます。 解ることですが、日本は海に囲まれた島国ですので、例えば、カナダのような49.6℃になる熱波が来る、といったことはありません。大陸でないので、その分は安全といえます。大陸の熱波については色々予想がありますが、日本は関係ない話となります。 二酸化炭素排出をかなり減らすのは今でも実際できます。 電力会社を再生エネルギーをほぼメインにしてる会社に切り替える。どの家庭でも、家に届く電気料金請求書を見ながらインターネット上10分間でだけですぐに完了します。電気代が安くなったと喜んでる方もいます。 お風呂をガスを使ってる場合、お風呂を温める電熱せん(1万円~)を買って電気で温める。この方が半額でお湯が沸くと喜んでいる方もいます。お風呂だけでも日本の家庭部門二酸化炭素排出を約30%削減出来ます。 普段移動は、電動バイク等を使う、充電は、家の再生エネルギーで行う。ガソリン車を所有する方は、バイオガスを大阪ガス等が出すと、(タクシー会社が行うガソリン車からLP車に変える改造と同じで)そのまま使えるので、スウェーデンは既にそうなってますが、それまで待つか控える。 ゴミは全てリサイクルに出す。これも実際にはペットボトルは再利用されてない(ので買い取ってくれる業者まで持っていかないといけない)のでガラスビンの飲み物を店の棚に返す昔の方法で再利用しかないのです。 これで、家庭部門はかなり削減と思われる。以外と日本人環境ならどなたも今直ぐに出来ます。 よって、問題は世界の二酸化炭素排出の30%を出す中国です。世界の石炭の半分以上を中国だけで燃やしてます。中国は昔から万里の長城建設など木を切って来ましたが、2020年から出した二酸化炭素は中国はすべて回収するというのが公平です。日本も中国に多額の国境炭素税を、ヨーロッパと同様かけないといけません。災害による被害金額と防災金額は天文学的金額予想ですから、中国製品に中国石炭燃焼世界豪雨等被害税を180%かけるといった関税の検討を政治家は言わないのはおかしいのです。 皆さん、これ以上被害に合わないためにも、関税を政治家に要求することが重要です。 ※このコメントは、100%再生可能エネルギー(ガス不使用)の環境の元にコメントされております。勿論どなたでも直ぐにできます。