関西の田舎暮らし、母子家庭の女子高生です。 私には夢があります。声優さんやラジオパーソナリティです。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。足りないのは覚悟。強くなります!

お礼日時:7/22 20:02

その他の回答(4件)

0

「お金があまりない家庭の私」に答えた過去回答より これはあなたは悪くないけど、ご両親がアナタの未来より、自分の見栄とかを大切にしたから。 母子家庭になった理由が、そもそも理想の結婚生活じゃ無かったとか、旦那の浮気で離婚なら、子供の未来より「女としての自分の感情」を優先した母親と言うだけ。(でも子供の未来のためと耐えている女性も無数にいる。私は彼女たちの責任感を尊敬する) 日本は高福祉国家です。母子家庭というのはもっとも有利な就職先です。憲法25条って学校で習いましたよね。「すべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」という奴です。権利ですから行使しなくても良いわけです。権利を行使すれば、生活保護という制度があります。 お金があまりない家庭、じゃないよ。キミの未来を大切にしてくれない家庭だよ。人生に様々な制限がかかるのは、親御さんが自分たちを優先したから。現役だった頃の祖父母からの援助は君の学費に貯金する手もあった。 生活保護 金額 自動計算 https://fuse-law.jp/cgi-bin/welfare_money.cgi で計算すれば、東京23区なら「生活保護費 214100 円」です。これは手取りです。。(税金だの健康保険だので3割程度天引きされるから、日本人平均給料の400万円程度の年収でも実際の使えるお金は280万円程度です)自治体独自の制度もある。医療費無料、給食費無料などを重ねると平均を超える。あなたの初任給より高額です。兄弟の数が多ければ増額されていきます。 世間体が悪いなら、都内など公共交通機関が発達した場所に引っ越せば良いんです。生活保護受給者は車が持てない、もクリアーです。 でも私は奨学金があるから家族に迷惑をかける?・・・安心してください。ここも大丈夫です。奨学金については、貴方が働けるようになるまで、 「生活保護受給中(延滞据置猶予) - JASSO - 日本学生支援機構」 があります。 でも少しずつでも返したい・・・安心してください。ここも大丈夫です。事前に福祉事務所の承認を受けていれば、奨学金の返済に充てる額は経費として給料から差し引くことができるのです。「奨学金を返済しても、手もとのお金は減らない!」んです。根拠をコピペします。興味があるなら読んでください。 【厚生労働省社会・援護局長通知第8-4-(3)】 貸付資金のうち当該被保護世帯の自立更生のために当てられる額の償還については、償還が現実に行なわれることを確認したうえ、次に掲げるものについて、当該貸付資金によって得られた収入(修学資金又は奨学資金については、当該貸付を受けた者の収入、(略))から控除して認定すること。 ア 国若しくは、地方公共団体により行なわれるもの又は国若しくは地方公共団体の委託事業として行なわれるものであって、償還の免除又は猶予が得られなかったもの。ただし、医療費又は介護費貸付資金については、保護の実施機関の承認のあったものに限ること。 イ ア以外の法人又は私人(絶対的扶養義務者を除く。)により貸し付けられたもののうち、貸付けを受けるについて保護の実施機関の事前の承認のあったものであって、償還の免除又は猶予が得られなかったもの。ただし、事前の承認を受けなかったことについてやむを得ない事情があり、かつ、当該貸付資金が現にその者の自立助長に役立っていると認められ、事後において承認することが適当なものについても、同様とする。 ウ~キ (省略)

0

私の友達は母子家庭ではなかったですが、貧しい家庭で学費は出せないと言われたため、自分のなりたい夢に向かってお金を貯めるために高校卒業してすぐ働き始めました。 そして、夢のために学校へ通うお金を充分貯めてから、それから自分で稼いだお金で学校に通っていましたよ。 少し時間はかかりましたが、今はその夢を叶えています。 高校卒業してまでも、親にお金を頼ろうというほどの甘い考えはやめましょう。 お母さまには自分の夢を話し、そのお金もその夢への具体的な道筋もしっかり説明しましょう。 もし、反対されても経済的な負担を親に掛けないのであれば、文句言われる筋合いもないですし、夢への具体的な指標を伝えれば納得してもらえると思いますよ。 私もシングルマザーですが、子ども達には「高校卒業までは責任持って面倒見る。犯罪者とニート以外の自分のなりたいものになっていいからね。ただ、申し訳ないけどウチは母子家庭だから自分でこの先どうしたいのかしっかり考えて高校卒業以降は自分で奨学金なりバイトするなりして、どうにかしてね」と話しています。 できることなら、もちろん高校卒業以降も子どもの夢に向かって学費を出してあげたいところですが、自分の老後の資金も貯めていきたいですし、現実的に大学とか専門学校とかの高い学費を全て出すのは難しいので。 高校卒業したら、ある程度は自分でどうにかできる年齢になっていると思うので、しっかりとした夢があるなら、ご自身でどうにかがんばってみてはどうでしょうか。

0

声優やラジオパーソナリティを長年続ける未来が見えますか? たとえば10年続けてその後家庭を持ち、なお続けている自分を想像できますか? 芸能のお仕事は不安定でおかしな人も多いので、田舎で暮らし、一生懸命働いてあなたを養ってきた親御さんが理解することができなくても仕方がないかなと思います。 あなたが最初にしないといけないのは、 その仕事が健全で、ちゃんと仕事としてやっていける、食っていけるということを理解してもらうことです。 田舎出身のわたしからすると、 田舎から離れたい、という気持ちとその夢を混同したところもあるのではないかなと思います。 そこは切り離して考えないと、理解は得られないです。

0

母子家庭は色々な援助を受けています。 その援助の元になっているお金は、僕たちが働いて収めた税金です。 正直なところ、母子家庭なんかに一円でも僕の稼いだお金が使われるのは不快です。 声優になる夢を諦める必要はないと思います。 本当に声優になりたいなら、数年くらい自分で働いてそのお金で声優学校とかに行けばいいだけのこと。 母子家庭で育ったから、お金を恵んでもらうことが当たり前になっているのかもしれないけど、あなたはあなたの母親みたいに、まわりに迷惑をかけて生活するような大人にはならないでほしい。