回答受付が終了しました

戦中は竹槍でB29を落とす訓練をしてた。と信じてる人が居ますが ちょっと頭があれなんでしょうか?

回答(11件)

0

我々 親米保守からみれば どっちもどっちに見えます そりゃあ 「竹槍でB29を落とす訓練をしていた」 という 錯誤は どうかと思いますが 東條家や岸安倍家を 日本と同一視して 必死に庇おうとする 反米保守の人は 岸安倍家の 洗脳に ひっかかっているようにしか見えないので 「なんで そんなに 躍起になって 東條家や 岸安倍家をかばうのか 理由を説明してよ」 悪いけど イカレテ いるようにしか見えないです ーーー 第一に 竹槍事件は まっとうな 東條批判をした 毎日新聞に 東條や 岸は「虫けらが 生意気な」と逆切れして 配給制度を悪用して 新聞印刷用紙配給差し止めで 潰そうとしたり 徴兵制を 悪用して 記者を 徴兵して 玉砕の島に配属して みせしめに殺そうとしたり GHQの WGIPより悪質な 言論弾圧事件なのに なんで 怒らないで 庇うのか 意味がわかりません そもそも公平であるべき 配給制度や 徴兵制度を 私怨の意趣返しに 使おうとしたら 国家の制度である 配給や 徴兵の 運用の公正さへの 国民の信用が失われるので こんな運用している時点で 言語同断で 統率者失格でしょう? あなたは 何故 斯様な国賊をかばうのですか? ーーーー チャーチルとの 比較でみても 東條の無能は際立つ なんで竹槍になったかといえば 1)米国と戦おうというのに ボーキサイトや屑鉄の備蓄や 高炉の建設を 怠った 2)英国は ドイツの潜水艦に カナダ産アルミ運搬船が 撃沈される場合も 考慮して わざと 全木製のモスキート爆撃機や 鋼管縦桁 木製小骨 布張り構造の ハリケーンや ソードフィッシュを 残してあった 東條&岸は 通商破壊された場合の 飛行機生産を どうするか 戦前から 手を打っておくのを 怠ったために 戦争中に 竹槍国防になっていたが チャーチルは 英国内の鉄鉱石と石炭と木と布で 戦闘機 爆撃機 攻撃機を 生産できるように 平時から 用意周到に 備えてあった どうみても 東條や 岸は 嘲笑に値するどころか 戦争準備を 怠慢して 日本を破滅させかけている 反米保守は 岸安倍家に洗脳されすぎじゃないの?

0

竹槍訓練は国民に敢闘精神を持たせる意味で行われました。 戦後、戦争が起きそうになれば降伏すれば良い論調が盛んになりました。 しかし、アメリカ占領時代占領軍による日本婦人強姦が盛んに行われた事は言、論統制により知らされませんでした。 どうせ無駄なんだから汗かくのは損だと言う考え方が戦後蔓延した様に思います。

1

欧州でもイギリスでは、家庭にあった猟銃や、クロスボー、弓矢で戦うように政府が指示しています。 フランスがナチスドイツに占領されて、命からがら逃げてきたイギリス兵は、武器をほとんど持っていなかったのです。

1人がナイス!しています

1

事実でないことを信じてしまう人は日本にもわずかにいますが、某半島国家はほとんどの国民が幻想を信じてますねw

1人がナイス!しています