ID非公開

2021/7/22 18:48

55回答

信越本線は群馬から長野通って新潟なのになぜ信越なんですか?上越本線にはならないのですか?

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

そんなこと言ったら、「常磐線」は常陸・磐城両国の前後で武蔵・下総と陸前を通るし、「土讃線」は土佐と讃岐の間で阿波を通るし、「日豊本線」は日向・豊後・豊前以外に大隅と薩摩も通る。「東北本線」も東北地方に入る前に170㎞も関東地方を走る。 そんなことで揚げ足とってたらキリがないじゃない。東京と信濃・越後両国を結ぶ幹線だったから信越本線になった。そんなの割り切りの問題だろう。 それと、「上信越本線」ではないのか、ならまだ分かるが、なぜ信濃を抜かして「上越本線」という発想になるんだ。気は確かか。

0

上越本線にしたら長野(旧信濃)はどこに入る?

2

岩越線(いまの磐越西線)と区別するためと思います。 高崎駅~新潟駅間を「信越線」と命名したのは1909年(明治42年)のことで、横川駅~軽井沢駅間が開業(信越本線の全通)した1893年(明治26年)よりもあとのことです。 郡山駅~新津駅の全線開通は1914年(大正3年)のこと。信越線とほぼ同時期に建設された路線で、全通時に郡山駅~新津駅を岩越線(がんえつせん)と呼ばれ、信越線とと共に東京と新潟を結ぶ二大路線と位置付けられました。 上越線は、上記の2路線よりも少しあとから全通しました。1931年(昭和6年)のことです。 信越線→信濃(長野県)を経由して越後に行く路線 岩越線→岩代(福島県の西部)を経由して越後に行く路線 こんなような区別ではないかと思います。

2人がナイス!しています