ID非公開

2021/7/23 5:13

1414回答

スピリチュアルとか宗教とかって非常に馬鹿馬鹿しく思えてしまうんですけど、私だけですかね? 周りに信じてる人がいてウンザリしてしまいます。

3人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/24 3:01

ご回答ありがとうございます! そうですね…信じる信じないは個人の自由だと私も弁えております。 うまい事話を流しつつ生きていく術を身に付けます…!(´∇`)

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様ご回答ありがとうございました! 後半の方に回答して下さった方はご返信できなくて申し訳ございません汗 1つコメントで気になった事があったので補足させて頂きますと家がお寺なので私は死と関わりがないと言うのはそんな事は無いですと言わせて頂きたいです! 自分自身はないですが身近な人が大病にかかった事はあります。でもその時も神頼みはしませんでした… 結局信じる信じないは人次第ですね(´∇`)

お礼日時:8/1 14:55

その他の回答(13件)

2

馬鹿馬鹿しく思えて当たり前です。 非科学的なものが宗教なのです。 人がなぜ宗教を求めるのかというと、科学では問題を解決できないからです。 科学そのものが間違っているとする過激な主張をする人もいれば、科学はおおむね正しいけど完璧ではないという穏健な主張をする人もいますが、いずれにせよ科学では説明できない疑問に答えを与えるために宗教があるのです。 ゆえに、宗教は非科学的でなければなりません。根拠など、むしろあってはならないのです。 ガリレオ・ガリレイは地動説を唱えて宗教裁判にかけられ、「それでも地球は回っている」と呟いたと言われています。 当時の人々は、ガリレオ本人などごく一部を除くほとんどの人々が、地球が動いているか止まっているかは宗教的な問題だと考えていました。 現代では地動説に反対する宗教家などほとんどいません。それはこの問題に科学的な解決が与えられてしまったからです。 科学が完璧でない以上、科学の手に負えない領域に対して、非科学的な方法で答えを求める人々、彼らに(科学的には荒唐無稽な)答えを与える人々は常に存在します。 宗教は非科学的なのが当たり前という目で見れば、少しは彼らに対する苛立ちも収まるかも知れません。

2人がナイス!しています

0

実際に馬鹿馬鹿しいことなので信じても信じなくても大差なし。 たとえ宗教家が「馬鹿馬鹿しくはない!大事なことだ!」と怒ってみたころで自分の生活に何の支障も出ないはず。何をそんなに怒ることがあるのか。 そんな宗教家や信者がいたら、そいつは悟っていない。 宗教の真髄は『理解すること(悟ること)』であって、『信じること』ではない。 理解は与えられるものでもない。自分で悟るしかない。 そして悟ったところで奇跡を起こせるものでも超能力者になれるものでもない。 普段の生活と変わらない時間を過ごすだけだ。 なので馬鹿馬鹿しい物語や不思議な話はハイハイと聞き流して自分の生活スタイルを優先していればいい。

1

自分の親戚でも、キリスト教だったり、日本の某大手仏教団体を信仰してたりします。日本は無神論者が多いので、信仰を持つ方が珍しかったりしますよね。でも、世界の80%、50億人くらいは信仰をもっていて、無神論者の方が少なかったりしますよね。 自分も無神論ですが、最近は色々な宗教の本を、宗派にこだわらずよんでいます。無理に勧誘とかなく、その人が信仰を持つことで、生活にプラスになるものがあるのであれば、自分は尊重するという考えです。 例えば、ナルニア国のルイス、指輪物語のトールキンなど、欧州の人はほとんどキリスト教で、信仰を持っている場合も多いです。そして、彼らの物語や、自叙伝などを読むと、信仰というものをなるほど、と思って学ぶこともできたりしますね。

1人がナイス!しています

0

そういう人に限って後に神仏は本当に居ると言うただ一人の人に成るそうですよ。 うちはマージャン屋でしたやめるまで30年やりかたも知りません。酒を出す店の時も酒など一滴も今も飲まない。きいてみたいのは両親が吸いまくってたタバコの何が良いのかが分からない。ただコーヒーは大人になってから飲み始め。 ギャンヴルもカジノはチャンピオンになりました。必死で練習したんです。 私はクリスチャンですがネットで仏像が簡単に見れるようになり。非常に気に入りました日本美術ですよね。そのものの良さを1mmさえも分かりたくないとか興味がまったく無い場合は酒タバコ、マージャンと同じではないですか。でももしもロシア美女が奥さんに成ってしまった時にロシア語を習ってロシア料理や文化など知ろうとしますよね。ある意味、それと同じでは宗教も。 貴方は大病したこと無く事故もなくなぜ人は生きているのかなぜ生まれて来たのか何一つ不思議な体験もなさってないでしょ。それなら神仏のことなど考えるのはまだ先ですね。身内が亡くなった時に、ああ亡くなった人は遺体なのにこうして供養する仕事っていいなとか亡くなっても何かを感じるかもしれないし。その時にはじめて天国は有るのかなとかあの世で彼はどうしてるかなとか思うかもしれないし。リンゴを食べた事のない人に、あの赤い奴はどういう良さが有るのか理解するのは難しいですよね。スイカもバナナも食べて見なくては良さは分らないそのくらい分からないもんなんじゃないですかね。

1

分かりますね 星占いがどうだとか、お参りがどうとか 正直、ハロウィンやクリスマスはいいです、もはや宗教儀式からお祭りに変わってるので、ですがそれ以外のことがどうにも理解できない、縁起がどうのとか、お賽銭がどうのとかお祓いがどうのとか、お金をかけたおままごととしか思えずどうにも意味が分からず、、

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/7/24 3:04

ご回答ありがとうございます! お気持ち非常に分かります…最早趣味の域なんですかね?笑 勝手にしてくれ…と思います(T_T)