エホバの証人に質問。紀元前2370年世界規模の大洪水は本当に起きたのでしょうか? https://www.jwstudy.com/Lesson/南極の氷床は地球規模の大洪水を否定する/

宗教 | 世界史45閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

仰せの通りです。ありがとうございました。

お礼日時:7/24 20:58

その他の回答(2件)

2

単なる洪水なら、世界中至る所にあります。 しかし、聖書のノアの洪水物語は、 BC2400年ごろ、世界中を覆い尽くし、 ノアの家族以外の全ての人類が滅んだ、 となっています。 そのような考古学的発見は全くなく、 世界中の考古学的発見は、ノアの物語が嘘であることを 証明して余りあります。 たとえば、BC2400年ごろと言えば、 日本の縄文時代の中期に当たります。 エジプト古代史では、 BC5000〜3100年:先王朝時代 BC3100〜2650年:初期王朝時代(第1〜2王朝) BC2650〜2160年:古王国時代(第3〜6王朝) 日本の歴史エジプトの歴史、政治的変遷史を見ても、 また、エジプトのピラミッドなどの発展史を見ても、 エジプトの言語、文化、政治、宗教は、 段階的に歴史的変化をしています。 もし、聖書の洪水記述が正しいとするならば、 BC2400年ごろの大洪水で、エジプト人総てが死に、 メソポタミアの方からノアの子孫が、テクテクとやって来て、 全て滅んでしまったはずの、エジプトの言語、文化、政治、宗教、 等々を、何らかの方法で復活させ、継承したという、 ほとんど不可能なエジプト史解釈をしなければならなくなります。 日本でも、その時の全ての縄文人は洪水で死んでしまい、 ノアの子孫がはるばる中東から、ノコノコと日本列島にやって来て、 過去にそこに住んでいた縄文人と同じような人種と変身し、 既に滅んでしまったそれ以前の縄文文化を復活させて、 それを発展させつづけたなどという、 ほとんど不可能な縄文史解釈となります。 日本の縄文遺跡も聖書の記述の歴史的間違いを証明しています。 さらに、BC2400年ごろのインダス川流域では、 かのインダス文明ハラッパー文化が花開きます。 つまり、聖書の記述を信じれば、 その頃、世界の人口は数十人しかいなかったはずなのに、 日本では縄文文化が花開き、 ナイル川流域のエジプト文明が花開き、 インダス流域ではインダス文明が花開いていたのです。 つまり、世界中の考古学事実は、 聖書の洪水物語が嘘であることを証明しています。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10216407275?__ysp=57iE5paH44CA44Ko44K444OX44OI

2人がナイス!しています

2

紀元前2370年にはエホバっていないでしょ、世界史的に それに大洪水ってただの川の氾濫でしょ、世界史的に

2人がナイス!しています